ミドリカワ書房取材裏話前編「笑ってミドシンについて来い」。 | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
Y崎主任

編集部

ミドリカワ書房取材裏話前編「笑ってミドシンについて来い」。

「・・・代表曲「リンゴガール」なあの人です。
・・・(略)・・・次回に、続きます。」

っきり、二週間以上も放置してた
前々回のブログ
の続きです。
ってか、二週間以上も放置してたのに、
誰からも続きを催促する声が・・・なかった・・・。

たとえソフトな苦情でも、
リアクション寄せられるだけ
いいじゃないか・・・・・・。

というわけで、Y崎が某日取材した、
代表曲「リンゴガール」なあの人、とはこの人でした。

midoshin1
Photo:Yukiko Sugawara

初対面でも「距離感徒歩30秒」、の愛称ミドシン!
寂しいひとり暮らしの夜も安心、「mixiコミュニティ完備」!
キャリア築12年にしてTwitterに「ツイート済み」!(←さっき、知った)
(ウーン・・・買いだ!)

自称“J-POP界の無頼派”
(この単語でググっても検索5000件・・・でも、そのビミョー感が好きだ!)
「ミドリカワ書房」こと緑川伸一さん。

ミドリカワさんが紡ぐ楽曲世界では、
昭和歌謡やニューミュージックを思わせる素朴なメロディにのせて、
さながら一篇の短編小説のように、
キャラのたった様々な登場人物による人間ドラマが描かれる。

ちなみに冒頭で紹介した「リンゴガール」では、
売れないマンガ家である「僕」と、
隣に住んでる大学生の「ガール」との、
”マンション”じゃなくて“アパート”ならではの舞台が生きた、
ちょっと甘酸っぱい日常のやりとりが優しく描かれていて、
僕がイチバン好きな曲。

ときにシニカルでシリアスで、
本気なんだか冗談なんだかわかんなくて、でも、
不意にジワッとくる、そんな温かい曲もあって。

居心地がいいようなわるいような、
むしろ、アレ、なんかちょっとこそばゆい?ような、
何とも言えない魅力に引き寄せられるファンは多いはずだ。
はずなのに、編集部のファンは僕だけだ・・・。
なんでなんだ。
(去年の忘年会でも、あんな魂こめて歌ったのに・・・)

ともかく、そんなミドリカワさんが、2010年元旦、
ニューアルバム「みんなのうた4“ever”」をリリースする、
という絶好のタイミングもあって、
今回、1月号から始まった新コラム「人に名盤あり」の
取材を行ったわけなんです。
まあ、気になる本編は、2月号でチェックしてもらうとして、
今回は、撮影の舞台裏を、ちょっとだけ・・・。後編に続く。

BLOG 一覧に戻る

Y崎主任

編集部

広い肩幅、ボサボサ髪、ちょっとアレなメガネがトレードマーク、の入社7年目。編集部では主にファッションページのほか、音楽コラム担当。現在「メンズノンノRUN部」活動が大いに盛り上がりを見せるなか、ちょっと肩身の狭い文化系。甘党。

最新 BLOG

SPECIAL