12/8(月)迄!ジュン アシダ「エレガンス不滅論。」 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

12/8(月)迄!ジュン アシダ「エレガンス不滅論。」

a640_ashida

メンズノンノ読者は、日本の“レジェンド”と称されるファッションデザイナー、芦田淳をご存知だろうか?

皇后美智子さまの皇太子妃時代における専任デザイナーを務めた(1966~1976年)ことで広く知られており、1993年には皇太子徳仁親王妃雅子さまの御成婚衣装デザインを拝命している。

その芦田が手掛けるブランド「ジュン アシダ」は、2013年10月でメゾン創立50周年。

それを祝して、12月3日(水)から12月8日(月)まで、国立新美術館(住所:東京都港区六本木7-22-2)にて記念エキシビションが開催中だ。

タイトルは、「エレガンス不滅論。―ジュン アシダの軌跡と未来にみる、ファッションのひとつの本質―」。

b640_ja_exhibition_02

1953年にデザイナーとしてデビューした芦田淳(あしだじゅん/1930年8月21日~)は、日本にいち早くプレタポルテ(既製服)を広め、ファッションを通して当時の女性たちに夢と希望をもたらした。

本エキシビションでは、半世紀を超えて今なお積極的な創作活動を続ける芦田のクリエイションの世界を、日本における時代背景とハイファッションの変遷とともに展示・紹介。

会場には、オートクチュールのテクニックを駆使して生まれる構築的かつ造形的な「ジュン アシダ」のアーカイブと、復刻作品約50点が展示されている。

芦田淳にとって“エレガンス”とは、その語源にあるように、“選びぬかれる”ことだという。

日本のファッション黎明期を支えた偉人に敬意を表し、“ファッションのひとつの本質”をとくと拝見したい。

エレガンス不滅論。―ジュン アシダの軌跡と未来にみる、ファッションのひとつの本質―
期間:2014年12月3日(水)~12月8日(月)/会場:国立新美術館 3階講堂(住所:東京都港区六本木7-22-2)/開場時間:10時~18時(金曜日は20時まで)/入場料:無料/問い合わせ:(株)ジュン アシダ(TEL:03-3463-8631)
http://www.jun-ashida.co.jp/

Text by Takafumi Hojoh

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL