PIZZICATO FIVE 『東京は夜の七時』 | 90's J-POPが流れるBARBER | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

90's J-POPが流れるBARBER

2020年 4月号

PIZZICATO FIVE 『東京は夜の七時』

1小節に4つのキックが入る、いわゆる4つ打ちリズムが特徴的なハウスミュージック。重低音な打ち込みリズムの繰り返しが聴く者に陶酔感を与えるんだ。90年代初頭、ディスコやフィラデルフィアソウルから発展した新たなクラブミュージックのひとつ。今回ピックアップした「東京は夜の七時」が大ヒットしたのは93年、いわゆる和製ハウスの誕生だ。
 ピチカート・ファイヴがクラブミュージックをJ-POPのメインストリームに押し上げた功績は大きいよ。日本のみならず、90年代は全世界的にクラブ全盛時代。ハワイが好きでよく行くんだけど、常宿にしているホテルのロビーが週末になるとクラブになるんだ。ある晩、ちょっとのぞいてみるとローカルの男女が入り乱れ「東京は夜の七時」で狂ったように踊っていた! みんな日頃のストレスから解放されたくて楽しんでいるように見えた。とても微笑ましく幸せな光景だと思ったし、日本の音楽もワールドワイドになったんだなと実感したよ。
 ピチカート・ファイヴの楽曲はほぼすべてに洋題がついている。この楽曲には「the night is still young(夜はまだ浅い)」といった具合に。気軽に楽しめる音楽を世界に発信するには、綿密な思考とロジックが不可欠。それは並大抵のことではない。彼らは本当に絶妙だった。ダンスは人々を幸せにするとハワイで思ったよ。狂ったように踊ることは決して悪いことではない、別に。

TOPページに戻る

樅山 敦さん
音楽コラムシリーズ

  • 樅山 敦の歌謡曲が流れるBARBER
  • 樅山 敦のラブソングのききかた

SPECIAL

PR ARTICLE