昌文君 | 水晶玉子のキングダム占い | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

水晶玉子のキングダム占い

キミのキャラタイプは…昌文君 知識と経験でピンチを乗り越える文官。王の教育係から頼りになる側近へ

基本性格

思慮深く論理的
力ある言葉で人を動かす人

昌文君は、若き秦王・政を支え続ける第一の側近。武骨だが義理堅い昌文君は、機転がきき、頼りになる存在。そんな昌文君タイプのキミは思慮深く、論理的。慎重でむちゃなことはしない性格だ。觜宿の「觜」はくちばしのこと。觜宿にはよくしゃべるタイプと寡黙なタイプがいるが、どちらも自分のことはあまり話さない。それでも、いざというときに力のある言葉で人を動かす資質を秘めている。昌文君は、元は武官で戦場に立った経験があり、政の教育係として文官に転じた設定だが、この觜宿の知恵や言葉の力も、机上の論理ではなく“現場”を知ることで磨かれる、まさに実践的なものであることが強み。大きすぎる欲を持たない限り、觜宿は失敗や落ち込みの少ない運気を生きることが多い。


2019年、立ち向かうべき戦いは…

危機に備えて
多様な戦い方を習得!

image

2019年はここまで順調に進んできた勢いが一段落。周囲の事情が優先されて、自分の思いどおりに動けないことが続きそうだ。停滞し、前に進めないことに焦ることもあるだろう。しかし、觜宿のキミは、文武にすぐれ、高い理想を見失わず地道に実績を積んだ昌文君のように、現状を受け入れ軌道修正をすることができるはずだ。まず、周囲を広く見渡してみてほしい。流れを読み、起こりうる危険を察知できるだろう。その“読み”を人に響く言葉で説明し、人の異論も受け入れ、場の“まとめ役”を担ってほしい。周囲の役に立つだけでなく、キミの“人を育てる力”が発動する。勝負の場では、“受け”の構えで。求められることを外すことなく確実に応えることが最善策。熱く突撃するだけでなく、あえて一歩引いたところで頭脳戦を繰り広げるなど、戦い方のバリエ-ションを増やすことが成長と成果につながる。

3月21日は本格的始動。今の自分の役割を冷静に考えて、それに応えて。6月は自分の従来のスタイルにこだわらないこと。相手に合わせる技を身につけて。8月は人間関係で問題点が浮き彫りに。“信用できそうな人”と“本当の信頼関係を築ける人”は違うことに気づくかも。9月14日は思わぬ反撃の暗示。暴走は厳禁。10月、11月は人に利用されたり、自分の弱点を突かれるなど苦戦が続く。その苦戦から得たものは今後のキミの人生を支える教訓にもなるだろう。

楊端和

自分の苦労をノリであっさり
乗り越える姿にジェラシー

頭がよくて慎重な觜宿は、何事も石橋をたたいて、理論的にも実践的にもOKとなってからやっと渡るのに、箕宿ときたら同じ石橋を何も考えていないかのようにノリであっさり渡って、同じ成果か、それ以上の成果を上げてくる。それで箕宿には「負けた」感を持ちがちだが、やはりミスや穴が少ないのは圧倒的に觜宿のほう。比較せず、必要なときに箕宿の勢いを借りよう。

楊端和タイプの解説を見る

TOPへ戻る

SPECIAL