▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

スポーツシーンだけじゃない! ファッション目線で選ぶ「ナイキ」のアイウェア、狙うべき4本

▼ WPの本文 ▼

ハイセンスなスニーカーでおなじみのナイキ。実はめがねやサングラスといったアイウェアも展開していて、デザイン&機能ともにハイスペック! 中でもスウッシュやネオンカラーがさり気ないモノトーンベースのモデルは、スポーツシーンだけでなく、ファッションアイテムとしてコーディネートのアクセントにおすすめだ。

 

日々のランニングは、ウエア&スニーカーと
おそろいのナイキ アイウェアがマスト!

AIRLON

ランニングをするときは、アイウェアも含めて全身同じブランドで統一したいもの。スポーツスタイルでもファッション性を追求するナイキなら、それが叶う。日課のランニングにサングラスだとかなり本気度が出るけど、フチのないハーフリムのスポーツメガネなら、ちょうどいい感じ。サイドのチビ・スウッシュに、オレンジのあしらいもさり気なくてクール。かけるとスイッチが入るこのメガネは、走っていても安定感抜群でマジ最高!

メガネ(ナイキ ヴィジョン)¥17,600/マーションジャパン ジャケット¥9,350・ Tシャツ¥8,250・パンツ¥15,400(すべてナイキ)/ナイキ カスタマーサービス

 

自転車でのジム通いは、スニーカーと
サングラスをさりげなくリンクさせて

SHSHOW

SHOW X3

自転車でのジム通いには、スポーツサングラスがいい感じ。最近はダンクとおそろいの、イエロー・スウッシュが入ったこのモデルが相棒。カレッジTやナイロンのシャカシャカパンツとも相性がよくて、出かけるのが楽しくなる! 実はこのサングラス、レンズの上に通気孔があってレンズがくもりにくく、ノーズパッドも風穴付きで、熱がこもらない。かけ心地や見かけだけでなく、機能もちゃんとしているところがお気に入りの理由だ。

サングラス(ナイキ ヴィジョン)¥20,900/マーションジャパン カットソー(サニースポーツ)¥6,930/セル ストア パンツ(ブランクスファクトリー)¥23,100[セットアップ価格]/プロップスストア リュック(バトル レイク)¥17,600/ユーソニアン グッズ ストア 自転車¥250,000/VanMoof Brand store 東京  その他/スタイリスト私物

4つのスタイルの着こなしを動画で!

 

友だちとの待ち合わせは、スポーティな
サングラスをクリーンカジュアルに

EFFECT

普段おしゃれするときも、“抜け感”の演出にはこんなアイウェアが欠かせない。ストライプシャツ&デニムのクリーンカジュアルは、スポーティなサングラスでラフに見せるのが今の気分。トラッド感のあるボストン型をベースにしたデザインだから、ストリートっぽくなりすぎないし、ベーシックな服装にも合わせやすい。友だちとタウンクルーズするときは、サングラスをかけて大人ムードを演出すると、ちょっといい店にも自信をもって入れるかも!

サングラス(ナイキ ヴィジョン)¥13,200/マーションジャパン シャツ¥30,800/ロトル ショールーム 肩に掛けたパーカ(エルエースピーディー)¥5,500・パンツ(リーバイス®)¥9,900/ダメージドーン 2nd バッグ¥14,300/テンベア トウキョウ その他/スタイリスト私物

 

デートの小道具にメガネは効果的。
「ナイキなの!?」の驚きも、狙い通りだ!

LIVE FREE

たいていの女子はメガネに弱いって聞くし。このメガネはトラッドかつインテリに見えるウエリントン型だから、カジュアルに品格が備わる。きれいめコーディネートに合わせれば、チラリと見えるサイドのチビ・スウッシュを見て「メガネはナイキなの?」と、そのギャップにも感動されるだろう。黒のプラスチックフレームはセットアップやジャケットスタイルとも相性がよくて、オンラインの場面でも活躍してくれるので、オンもオフも手放せない。

メガネ(ナイキ ヴィジョン)¥14,300/マーションジャパン ベスト(キャバン)¥35,200/キャバン 代官山店 パンツ(ブルー ワーク)¥24,200/トゥモローランド その他/スタイリスト私物

お問い合わせ/販売店

マーション ジャパン

TEL:0120-356-733
https://www.facebook.com/marchoneyewearjapan/

X‘tyle vision (スーパースポーツゼビオ)HP

https://www.supersports.co.jp/xtyle-vision/

Photos:Arata Suzuki[go relax E more]  Hair&Make-up:Kosuke Abe[traffic] Stylist:Takanori Akiyama  Model:Shuzo Ohira[MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Hisami Kotakemori Movies:Hiroki Homma 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • スポーツシーンだけじゃない! ファッション目線で選ぶ「ナイキ」のアイウェア、狙うべき4本

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼