▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

マッチョたちの知られざる実態をトーク!#野田クリスタルのマッチョ通信

マッチョたちの知られざる実態をトーク!#野田クリスタルのマッチョ通信

▼ WPの本文 ▼

各界で活躍する肉体派4人(?)が、一堂に集結! メンズノンノモデル豊田もちゃっかり交じっての筋肉座談会を開催。筋肉があるだけで受ける偏見やむちゃぶり、じつは非モテ! などなど、知られざる実態や悩みを赤裸々トーク。マッチョもいろいろ大変なんだね。

じつはつらいよ、ムキムキLIFE。
マッチョの今と未来を真剣討論!

MUSCLEサミット2021

 

みんな「マッチョは何でもできる」
って思ってません?

野田クリスタル
ダウンタウンの松本人志に憧れ、マッチョをめざすように。ファン離れを恐れて一度は諦めるも、2014年に本格始動。3か月で体重20㎏、筋肉量5㎏を増やし、通っていたジムの歴史に名を刻んだ。

 

太って太って鍛える! これぞ、
世界レベルのマッチョへの近道

村上
野田の相方。効率よく「でかいマッチョ」になるため、コツコツと肉体を育み続けている。何もしていないのに成長したという、肩の筋肉が自慢。酒とキャバクラが大好物で、口癖は「体に素直に!」。

 


180㎏のウエイトを
持ち上げた経験あり!

豊田裕大
高校までバスケ部に所属しており、体力づくりのために筋トレをスタート。ウエイトリフティングにハマっていたことも。モデルを志して中断したが、将来はマッチョになりたいという願望があるそう。

 

頑張ってつけても落ちるのは一瞬。
筋トレはライフワークです

石橋太朗
『週刊プレイボーイ』編集者。4年連続出場している『SASUKE』のために日々トレーニングを行い、編集部に懸垂マシンを導入。近年はパルクールも始め、大会出場を目標に練習に励んでいる。

 


体は筋肉を忘れない! 通称、マッスルメモリー

豊田 本日はマッチョ座談会ということで、どうぞよろしくお願いします!

村上 キミ、ガリガリじゃん。そんな体じゃモテないでしょう?

豊田 すみません! モテないです!

村上 ダメだよ、もっと食べなきゃ。

石橋 でも、ちゃんと筋肉ありますよね。何かスポーツされてました?

豊田 ずっとバスケ部で、体力をつけるために筋トレをしていました。

野田 いいね。俺もだけど、バスケ経験者は筋トレにハマりやすい印象。

豊田 ウエイトリフティングもかじったんですけど。モデルをめざすためにやめたら、あっという間に筋肉が落ちちゃいました……。

石橋 つけるのには時間がかかるけど、落ちるのは一瞬ですからね。

野田 何㎏くらい挙げられるの?

豊田 当時はスクワットで180㎏、ベンチプレスで80㎏でした。

野田 やるね! 大丈夫。マッチョにはマッスルメモリーがあるから。

村上 何それ(笑)。

野田 体はね、鍛えた記憶を忘れないの。筋トレを再開したら、当時の筋肉はすぐに取り戻せるよ。

豊田 マジすか! 安心しました!

石橋 野田さんは緊急事態宣言中、どうやってトレーニングを続けていましたか?

野田 潔く休んでましたね。たまに、駐車場のアーチ状パイプをウエイト代わりにスクワットをしてみたりもしました。

石橋 僕も、散歩しながら懸垂できそうな場所を探したり、車を押したりしていました(笑)。

村上 窓ガラスの前を通ると、やっぱり筋肉チェックしちゃうの?

野田 出た! マッチョへの偏見。「筋肉を見せろ」って言うから脱ぐと、「マッチョは脱ぎたがり」って笑われるし。

豊田 でも確かに、僕もやってた記憶が。

石橋 マッチョ=ナルシシストと思われがちですよね。みんな、それぞれの目的があって鍛えているだけなんですけどね。

野田 そうなんですよ。別に見られるために筋トレしてるわけじゃないし。


石橋 僕は、やたら気軽に体を触られるのも気になるんですよね。

村上 えっ。嫌なんですか? キャバクラでならうれしいでしょう?

石橋 キャバクラは行かないので、わかりませんが……野田さん、どうですか?

野田 僕はあまり気になりませんね。ただ、女子に忠告します。けっこう本気でムラムラしてますよ。とくに腹を触られると!

豊田 腹はヤバいっすね!

村上 僕も全然かまわないけどなぁ。豊田くん、触ってみない?

豊田 す、すごいハリ感ですね……。

マッチョ=何でもできるって考えは大間違いだ!

野田 世の中の人って、マッチョをモンスター扱いしてる節がありますよね。

豊田 どういうことですか(笑)。

野田 もちろん芸人だからということもあるんですけど。『週刊少年ジャンプ』を手で半分に裂け、とか、瓦割りしろ、とかを「できて当然」ってテンションで言ってくる。筋肉があるからって、何でもできると思ったら大間違いですから。

村上 そのたびにコソ練してるもんね(笑)。

野田 なかやまきんに君が、以前、番組で砲丸投げに挑戦していて。明らかに練習しただろ、っていうめちゃめちゃキレイなフォームで投げる姿を見て、目頭が熱くなりました。

石橋 重いものを持たされがち、というのもひとつですよね。

野田 しっかり重いし、しんどい。

村上 またまたぁ。(焼き菓子を腕にのせて)これ、感じないでしょ?

野田 俺は巨人か。

石橋 持ったら持ったで、しっかり筋トレしちゃうのも悲しいサガですが。最近右腕がなまってるから、と左右の袋の重さを調整したり(笑)。

野田 はいはい。椅子を運ぶときに、妙に腰に力が入ったりね(笑)。


豊田 もはや、ライフスタイルですね。カッコイイです! ほかにはどんなことをしていますか?

石橋 食材を買うときに必ずタンパク質の量をチェックしてしまいます。

野田 僕は、口に入れただけでカロリーがわかるようになってきましたね。糖質が多いもの=毒だと認識するみたいで。以前、タピオカを食べたときに無意識で吐き出してました。

豊田 じゃあ、高カロリーなものは一切摂取しないようにしてるんですか?

野田 普段は好きなものを食べてるけど、絞ると決めた期間は避けてるね。ただ、不思議なもので、絞ってるときほどジャンクなものが食べたくなる。

石橋 同感です(笑)。

野田 ラーメンも、インスタントが無性においしく見えたり。

村上 好きなものを好きなだけ食べたほうが、体にいいっていう説もあるしね。

豊田 村上さんが言うと、なんだか説得力が増しますね(笑)。

マッチョはモテない。残念ながら、事実です

村上 なんだかんだ言ってもさ、マッチョってモテるでしょ。じゃあいいじゃん。

野田 マッチョはマジでモテないから! なんなら嫌悪する女性のほうが多い。俺も筋トレを始めた途端に、細い時代のファンがみんな離れていったし。

豊田 えっ!? 「マッチョが好き」っていう女性、多くないですか?

石橋 女性が言うマッチョって、豊田さんみたいな細マッチョを指す気がする。

野田 ロニー・コールマンじゃない。

村上 ロニー?

野田 世界トップのボディビルダーだよ。

村上 知らねぇよ(笑)。

野田 恋愛シミュレーションゲームでは、必ず図書室系女子にハマるんだけど。ふと「現実だったら、この子は俺を気持ち悪いって思うんだろうな」と考えたときに、すごいヘコみます。

石橋 なんだか、ネガティブなことばかりになってしまいましたが(笑)。


豊田 でもほら! 筋トレって、心が満たされるじゃないですか。

村上 考えたらさ、筋トレが流行ってるのって先進国ばかりでしょ。つまり、ある程度は満たされてる人がプラスα(アルファ)でするもの。筋肉は余裕の表れですよ。

豊田 マッチョの数は幸せの象徴!

野田 そういうことだね。本当に平和な国は、国民は全員マッチョ。そんな世界が実現する日が待ち遠しいですね。

Photos:Yuki Kato Composition & Text:Ayano Nakanishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BEAUTY
  • ボディ
  • マッチョたちの知られざる実態をトーク!#野田クリスタルのマッチョ通信

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼