▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

宮沢氷魚がまとう!「KANEBO」のベースメイクで“自分らしさ”のセルフスタイリング

宮沢氷魚がまとう!「KANEBO」のベースメイクで“自分らしさ”のセルフスタイリング

▼ WPの本文 ▼

なりたい肌印象と、好きな服が、自分らしさをつくるエレメント。

自分らしいって、心地いいこと。肌の印象がいい感じになって、おしゃれな服が似合う。見た目印象をセルフスタイリングすることで、気分まで上向きに変化する。メンズノンノモデル宮沢氷魚が大切にする、「自分らしさ」の印象コントロールとは?

自分らしさに垣根はない。本当のセルフプロデュースとは?

肌や服は自分の印象コントロール、“自分らしさ”を叶えるための大切な要素。なかでも今は、男子も肌での自己表現が歓迎される時代に。「KANEBO」から誕生するベースメイクなら、素肌が冴えわたるような感覚で、肌になり代わるような自然な仕上がりだから、ジェンダーの垣根を越えてシームレスで自分らしい肌仕上がりが叶う。

宮沢氷魚と肌。ぼくらの相関関係はファッションを合わせて完成する。

今回、氷魚には“なりたい肌印象”と、“着たい服”に関するセルフプロデュースについて考えてもらった。
「自分らしくいられるか、って大事なテーマですよね。僕にとって“自分らしい”とは、ポテンシャルがいい状態を保てていること。自分を俯瞰で見た時に、自由で生き生きしていると感じられるかが大切なんです。そして肌こそ“自分らしさ”の印象コントロールが重要だと今は痛感しています。今回のようなジャケットを着る日に、肌に赤みなど、気になるところがあったら、僕は堂々とこのファッションを表現できない。肌をさりげなくカバーすることでポテンシャルを上げれば、何の懸念もなく、服を着ることを楽しめる。僕にとって肌印象は、服とは別のベクトルで、自分らしさのスイッチを入れてくれるものになっています」

自分の肌になりすますように。
なりたい肌印象を叶えるのは
カネボウ メルティフィール ウェア

今回、氷魚が自分らしいファッションと合わせたのが「カネボウ メルティフィール ウェア」。“光と肌が共鳴するパウダーファンデーション”のキャッチワードそのままに、肌へ伸ばすと、息づくようななめらかな光感をまとい、その人が持っている肌のキレイさを引き出した仕上がりに。重ねるほど溶け込むようになじみ、つけていることを忘れるような心地よい感触で、ベースメイク初心者でもトライしやすい。

USE IT!

半透明のジェルでファンデーションのすべての粉体を包み込むKANEBO先進技術を搭載。ジェル膜内に広がる光が、自分の肌が持つ色や質感を取り込み肌と一体化。気になる部分を目立たなく見せ、その人の持つ肌の色や質感を生かした生命感のある仕上がりに。カネボウ メルティフィール ウェア 全8色 ¥4,500(ケース別売り¥1,500 スポンジ付)/カネボウインターナショナルDiv.(2月5日発売)

どんな服ともバランスのいい肌印象が
セルフプロデュースに欠かせない

「今回驚いたのが『カネボウ メルティフィール ウェア』で仕上げる肌が、どんなファッションとも相性がよかったこと。シャツやジャケットを着ればスタイリッシュな印象だし、ニットを着ればリラックスした雰囲気になるし、服によっていろんな“自分らしさ”を表現できる。撮影現場なら着る服によって、プロが肌の質感と髪型を変えてくれるけど……、めんどくさがりな僕には髪型はともかく、肌印象を変えるのは正直ハードルが高い(笑)。でもこのファンデーションで仕上げた肌は、今回セルフプロデュースしたすべての服に合う肌だった。それはきっと、『宮沢氷魚』という僕らしい肌印象だったからだと思う。だから“これだけでいいんだ!”って感動したんです。仕事に行くとき、友達と会うとき、休日ゆっくり過ごすとき、それぞれの“自分らしさ”を表現できる。僕のなりたい肌イメージはこれだったんだと気づくことができました」

もっとカバーしたいなら機能的な下地を一緒に


目の下のクマ、青ひげの目立ち、毛穴など、肌悩みをしっかりカバーしたいなら、ファンデーションの前にオレンジベージュカラーの下地を投入。皮脂によるテカリも予防。これ1本で肌を自然に仕上げることもできる。カネボウ  イーブンフィット プライマー  SPF28・PA+++ 30mL ¥4,000/カネボウインターナショナルDiv.(2月5日発売)

メンズノンノスペシャルムービー公開中!

今回の撮影に挑んだ、宮沢氷魚のバックステージを紹介する動画を特別公開中!

SPURスペシャルムービー公開中!

ジェンダーレスなベースメイクとして、SPURでもスペシャル動画を同時公開。

[上]シャツ(マービン ポンティアック)¥33,000/スクール ベスト¥20,000/エンジニアド ガーメンツ
[2カットめ]ジャケット¥53,000・シャツ¥25,000/アンデコレイテッド
[3,4カットめ]カーディガン(トゥモローランド トリコ)¥32,000/トゥモローランド ニット(ジョン スメドレー9¥30,000/リーミルズ エージェンシー パンツ¥33,000/アンデコレイテッド 靴(スペース クラフト)¥18,000/HEMT PR

問い合わせ先

カネボウインターナショナルDiv. 
TEL:0120-518-520

受付時間等詳細は
カネボウ化粧品ウェブサイト
「お客さまサポート」

ご確認ください。

kanebo-global.com

Photos:Masashi Ikuta(hannah) Hair:KANADA(LAKE TAJO) Make-up: Marino Asahi(Y’s C) Stylist:Masashi Sho Model:Hio Miyazawa [MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Michiyo Matsui Movie:Hiroki Homma

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BEAUTY
  • メイク
  • 宮沢氷魚がまとう!「KANEBO」のベースメイクで“自分らしさ”のセルフスタイリング

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼