▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【連載】カツセマサヒコ「トーキョーカンバーセーションズ」第3回 カラオケの1曲目がヌーな理由

【連載】カツセマサヒコ「トーキョーカンバーセーションズ」第3回 カラオケの1曲目がヌーな理由

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

今日もどこかで、だれかが喋ってる。小説家カツセマサヒコさんの1話完結、オール会話劇!<メンズノンノ2022年4月号掲載>

「あ。ヌー、歌っていい?」

「え、ヌーって、キング・ヌー?」

「ほかにヌーいる?」

「わかんない。ノーマル・ヌー」

「それただのヌーじゃん」

「歌えんの?」

「キング・ヌー?」

「うん」

「わかんない。『白日』とか」

「マジ!? 出ないでしょ、キー」

「いや、だから、ちょっと練習で」

「無理でしょ、井口さんの高さ出ないでしょ」

「だから練習って言ってんじゃん。裏声がんばる」

「いやー裏声でも高いっしょ。あれ一般人が出たらすげーべ」

「えー? 風呂場ではイケる気がしたんだけどなあ」

「いや風呂場カラオケはアテにならんよ」

「そうかあ? だめかあ、風呂場カラオケ」

「え、あ、じゃあさ、オレ、常田さんやっていい?」

「いやお前に常田は無理だよ」

「いやなんでよ。井口さんよりはいけるでしょ」

「いや、常田のとこ、結構むずいよ実は」

「いやわかるよ、でも本家が二人で歌ってんだから、こっちも二人で歌おうって言ってんのよ」

「いや、うん。でもちょっと、一人で歌わせて?」

「はあ? なんでそんなひとり・ヌーに固執すんの?」

「いや、ソロ・ヌーやっておきたいのよ、ここは」

「ソロ・ヌーかよ~。二人でカラオケ来た意味なによ?」

「わかる。わかるんだけど、ヌーだけはちょっとソロで。あ、わかった。これ一曲やってみて、全然ダメそうだったら二人で歌うから。ゆず。ゆず歌おう」

「いやそこはヌー歌わせてよ」

「ヌーねえ」

「ねえ、なに? ヌーを一人で歌わなきゃ死ぬ病なの?」

「いや、ちょっと、うん」

「え、本当に? めっちゃおもろい。どゆこと?」

「いや、待って、ハズい」

「なに、聞きたい。彼女とか?」

「いや、彼女ではないのよ」

「でも、女だ?」

「うん、まあ、そう」

「え、もしかして、キング・ヌーファンの女の子を好きになりました、って話?」

「まあ、近い」

「マジかよ~、それめっちゃ笑う」

「いや、その子が、カラオケ好きって言うんよ」

「まぁいるよね、そういう子ね」

「しかも向こうは、あいみょんとか自信あるらしいんよ」

「お前めっちゃ好きじゃん!」

「そうなのよ、好きなのよ!」

「はー、マジか~。それで? 君はロックなんか聴かないんじゃないの?」

「いやゴリゴリ聴いてるよね俺はね」

「聴いてるよなあ~」

「それで、向こうはキング・ヌー好きなんだって」

「ほお! ほお! なるほどね!? それで?」

「今度カラオケ行こ~って、盛り上がるやん」

「そうな、そうな」

「ヌー、歌えた方がいいじゃん」

「クゥーーーーー!」

「痛ぇよ、なんだよたたくなバカ!」

「お前最高だな~本当な~」

「いやハッズいわ、やめろ」

「いや、いいよ。そしたらソロ・ヌーやっておいた方がいいわ、絶対」

「やっぱそうだよね? そうだよね?」

「だって二人でカラオケ行ってお前が井口さん歌ったら、その子が常田さんになっちゃうもん」

「だよね、だよね」

「え、ちなみにどこの子?」

「あ、その子? 地元」

「あ、地元なんだ?」

「うん。この前、久々に実家帰ったじゃん俺。そこで、まあ、プチ同窓会っての? 飲むじゃん」

「おうおう」

「そこに、いた子」

「へー、じゃあ昔から知ってたんだ」

「でも当時は全然仲良くなくて。成人式もいなかったから久々だったんだけど、めちゃ可愛かわいくなってた」

「マジ!? いいな~、そういうの本当にあるんだ」

「うん。それで、東京戻ってくる日が一緒だったから、新幹線の席、隣にして」

「クゥーーーーー!」

「っテェな叩くなっつの」

「それで? それで?」

「まあ、新幹線でも、ずーっと話してて」

「どんな話すんの?」

「細かいわ。そこは大した話してないよ」

「そういうところが気になるじゃん! 細部! 神は細部に宿ってっから!」

「なんなのお前」

「いいから」

「いや、普通よ。これまで何してたのー、とか、恋人いんのー、とか」

「クゥーーーーー!」

「痛い痛い痛い! もうそれやめろお前」

「それで? それで?」

「東京駅着いて」

「うん」

「そのままサシで飲んだ」

「ヒューーーーーー!」

「そこは乾杯なんだ? 何これ」

「いやすごいね、ビビッと、気が合ったんだ?」

「うん。びっくりした」

「で、カラオケは? どうつながるの?」

「いや、それで、終電近くまで飲んでて」

「おお、おお」

「店出たら、隣がビッグエコーだったわけ」

「おお! おお!」

「うわ、行きたい! ってその子が言って」

「うわー絶対にノリいいじゃん、好き」

「でしょ? それで、でも終電過ぎちゃうねーってなって」

「うん、うん」

「じゃあ、今度はこの続きからにしよう! ってなって、解散したわけ」

「おおー、そういう展開ね? 健全だ」

「うんうん。それで、ちなみに何歌うのー? ってなるやん」

「なるね?」

「そしたら、あいみょんって言うわけよ」

「もう好きじゃん」

「そうなのよ、好きなのよ」

「君はロックなんか聴いちゃうじゃん」

「お前そればっかりじゃねえか」

「それで? それで?」

「で、男性アーティスト誰好き? って聞いたわけよ」

「出た。そこで、ヌーだ」

「そうなのよ。そこでヌーが来たのよ」

「いやー、ハードル高いねー」

「でしょ? とても高い」

「それでヌーの練習しようとしたわけだ。 『逆夢』キメちゃうわけだ? 『失礼だな、純愛だよ』なわけだ?」

「なんなの?」

「呪術の映画、見てないの?」

「いや見たけどよ」

「じゃあわかるでしょうよ。乙骨くんクソかっこよかった」

「わかったからもう」

「え、ちなみにさ、脈ありそうなの? どんな男がタイプ、みたいな話なかったの?」

「あー、した」

「なになに」

「ヌーの常田みたいなのだって」

「ぜってー勝てねーじゃん!」

「ぜってー勝てない。ちょっとやばい」

「ちょっとっていうか男子全滅でしょ。勝てるのジョニー・デップくらいじゃん」

「いや、そうなのよね」

「言っとくけどお前、常田さん要素一個もないぞ。井口さん要素の方がまだあるぞ」

「言われなくてもわかるわそんなん」

「はー、それは急に、見込み怪しくなってきたなあ」

「やっぱり?」

「だって常田さんでしょ? なんかこう、危険な香りがしなきゃだめじゃん」

「そうそうそう! そうなの。たぶん常田の顔って意味じゃなくて、あの雰囲気ってことなのよ」

「お前、マジで安全な香りしかしないから」

「それ、悪口だからねもはや」

「あんな雰囲気出せないから普通」

「だよなあ」

「え、逆にさ、お前がキング・ヌー歌っても微妙なんじゃね?」

「なんで?」

「だって、安全でしかない見た目のやつが、いきなり『この時代に飛び乗ってー! 今夜この街を飛び立ってー!』とか歌い出したら、ビビるでしょ普通」

「マジ? そこは良くない?」

「いやなんか、悪いギャップあるかも」

「マジー? いや、でも、一曲くらい歌いたくない?」

「あー、まあ、そうかあ、そうなあ」

「だから、とりあえずソロ・ヌーいくべ」

「おっけ、じゃあ、ちょっと彼女になったつもりで聴いとくわ」



JASRAC 出 2200971-201

カツセマサヒコ

『明け方の若者たち』での衝撃的なデビューから、2作目『夜行秘密』と人気作を生み出す小説家。ぐさりと刺さる人間模様からポップで軽快な会話劇をはじめ、リアルな感情の描写に若者から熱い支持を集めている。寄稿するオムニバス小説集『恋が生まれたこの街で #東京デートストーリー』も発売中。執筆のほか、ラジオ『NIGHT DIVER』(TOKYO FM、毎週土曜26時~)など、多方面で活躍。インスタグラムは@katsuse_m。昨年末には映画『明け方の若者たち』も公開された。

※この会話はフィクションです。

撮影/伊達直人

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 【連載】カツセマサヒコ「トーキョーカンバーセーションズ」第3回 カラオケの1曲目がヌーな理由

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼