初夏に効く! 人気ショップのスタッフ&プレスに学ぶ〝黒〟の取り入れ方 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

初夏に効く! 人気ショップのスタッフ&プレスに学ぶ〝黒〟の取り入れ方

センスがいいと評判のファッション業界人に、クリーンでソフトで軽快、洗練された“黒アイテム”の活用テクを教えてもらった!

▼vendor ショッププレス 林 克哉さん

0515_snap_01

YSTRDY’s TMRRWの黒パンツ
Clarksの黒ブーツ
プリントや柄は
黒で大人っぽくまとめる

「黒にはモードで大人っぽい印象があります。柄ものやグラフィックを取り入れるときは、黒でコーディネートをまとめるのがセオリー。だからプリントTには100%、黒パンツを合わせます。今日みたいなポップなグラフィックTなら、デザインパンツに黒のデザートブーツでボトムはワントーン。普段から黒には白やグレーなどモノトーンを合わせることが多いです」

▼トゥモローランド プレス 井上直哉さん

BERNARD ZINSの黒パンツ
Paraboot × TOMORROWLANDの
黒サンダル
黒がちコーデは
麻素材やサンダルで軽やかに

「日々のコーデに欠かせない黒。ワントーンが好きなので、全身黒という日もありますが、夏場は軽い表情が出るリネンや、ときにはグレーを交ぜて重くなりすぎないように心がけています。リネンのパンツはストライプ、足もとはレザーサンダルで軽いながらもモダンかつドレッシーなスタイルに。インナーとパンツを黒でまとめることでスタイルもよく見えます」

▼KIT PR プレス マッツィーリ エリックさん

0515_snap_04

GASIUSの黒ベストと黒パンツ
デザインやプリントで
黒のレイヤードに立体感を

「黒は大好物で"ちらかしファッションのまとめ役"として活用しています。今日着ているタクティカルベストやプリントパンツも黒ならモードなストリートエッセンスに。黒をレイヤードするときは、シャツジャケットとパンツは質感の違うコットン、ナイロンベストの背面はメッシュとベロアのコンビネーションと、素材感を変えます。インナーや靴は白、ベージュで抜け感を」

▼スタジオ ファブワーク プレスアシスタント
西澤祐哉さん

0515_snap_03

KAZUYUKI KUMAGAIのジャケット
カジュアルを上品に
まとめたいときは黒を投入

「春になるとハーフパンツ、スウェット、パーカ、Tシャツなどラフなアイテムを着ることが増え、子どもっぽく見えてしまうことも。そんなときは大人っぽくて上品さも盛れる黒を使って解消。スウェット&ハーフパンツのコーディネートにはハリ感と光沢のあるポリエステル素材のビッグジャケット、足もとも黒のローファーでカジュアルになりすぎないように」

▼ビームス プレス 田中 遥さん

0515_snap_05

International Gallery BEAMSの
黒ジャケットと黒シャツ
トレンドカラーのパンツも
黒合わせなら簡単

「色気と品が共存する黒。モダンなワントーンも好きですが、万能なのでトレンドカラーを取り入れるときは基本黒合わせ。今日はエメラルドカラーのパンツに黒アウターとシャツをレイヤード。一見ハードルが高そうなカラーパンツも簡単にまとまります。重く見えないように合皮ジャケットのインナーはシースルー素材。シルバーのアクセサリーでも軽さを添えます」

Photos:Kenta Watanabe Composition & Text:Hisami Kotakemori

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE