シンプルコーデを“クリーン&上品に印象づける”おしゃれ小物テク | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

シンプルコーデを“クリーン&上品に印象づける”おしゃれ小物テク

ビームスプレス田中 遥さんの、細部にこだわったシンプルコーデ格上げ術をご紹介。

ビームス プレス 田中 遥さん
どんなスタイルもクリーン&上品に印象づけるカギは小物使いにアリ。

小物テク①SILVER ACCESSORIES

20200503_111
首元にさりげなくチョーカーを

今季注目のタイダイは
トーンを抑えてきれいめに

「ヒッピー感が出てしまいがちなトレンドのタイダイ染めは淡いカラーのモックネックを選んでラフさをセーブしました。僕の大好きなシルバーアクセを多めにつけるのもポイントです。ゴツいようでいて、彫りが浅い鏡面感のあるシルバーを選ぶことで品行方正にシフト。ナチュラルで今っぽい手もとに」。

シルバーアクセの質感をアクセントに活用。一方で淡いワントーンの着こなしになじんで服のじゃまをしない。

小物テク②SCARF

20200503_222

小物の合わせワザで
カジュアルを知的に刷新

「スウェットとリネンパンツのラフな組み合わせは、目がいく顔まわりで印象を操作。ゴールドの眼鏡やスカーフを小面積に差し込んで華やぎを。アイウエアはたくさん持っていますが、黒を着る日は軽さのあるフレームをチョイス。強いデザインに頼るより、ベーシックなものの組み合わせで"自分っぽさ"をつくります」。

気恥ずかしくなりがちなスカーフも、折って挟むワザならさりげない。パンツと色でリンク!

小物テク③STRAW HAT

20200503_333服の色合いでメガネのトーンをセレクト

色合わせと素材のひねりが
薄着に個性を

「ヌーディーなカラーバランスに遊び心を凝縮。ハットはストロー素材だし、サングラスはべっ甲だし、シャツは透け感のあるチェックだし、足もとも派手(笑)。色数が少ないコーデのときこそ、異なる素材のメリハリが嫌みなく生きるかなと」。

リゾート感のあるアイテムを多用しつつも、色合いとヴェイパライズのセンタープレスパンツでクリーンさをキープ。軽快な配色とバランスをとる、量感のあるシルバー使いも◎。

小物テク④LEATHER BELT

20200503_444アクセントとして裾を片出し

リラックスシルエットを
ベルトで引き締め

「だらしなく見えがちな上下ゆるめでそろえたスタイリングを、キュッと引き締めてくれるのがラルフローレンの太ベルト。オーラリーのオーバーサイズのシャツは、裾を片出ししてひねりをプラス。レディースのコーディネートを意識して中性的にまとめてみました」。

シャツに合わせたビームスのパンツも、人気のグリーン。同系色のコンビは、濃淡のメリハリをつけることでのっぺり見せずぐんと洒脱に。

Photos:Kanta Matsubayashi Text:Kanta Hisajima

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE