デザインも柄も素材も進化! この春はまず〝新しいシャツ〟を買う | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

デザインも柄も素材も進化! この春はまず〝新しいシャツ〟を買う

シャツと聞いてぱっと頭に浮かぶ言葉は、優等生? ベーシック? いやいや、今年のシャツはもっと自由で楽しい。ワンツーコーデで即サマになる、ニュースなシャツをご紹介。

newsshirt1_1

やわらかで、軽快。
ニュアンスカラーで遊ぶが勝ち!

印象を刷新するカラーシャツ。今買うなら色気とムードを感じさせるニュアンスカラー一択! 今季よりメンズラインがデビューした「ロエフ」には絶妙な色出しのアイテムが豊富にそろう。パウダリーなグリーンのシャツはシルク混のコットン地。ほんのりとした光沢が色の魅力を引き立てる。シャツを主役に、ワントーンの着こなしで色を大人っぽく楽しもう。
シャツ(ロエフ)¥33,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ニット¥18,000/スティーブン アラン トーキョー パンツ(スタジオ ニコルソン)¥39,000/キーロ スニーカー(ニードルズ)¥28,000/ネペンテス

newsshirt1_2

シアーな質感を味方に
センシュアルなレイヤードを堪能

新定番としてマークしておきたいトランスペアレントな生地は、ゆるいシルエットのシャツがトライしやすい。オーガンジー素材のジップシャツなら、シンプルなカットソーに重ねるだけでもぐっと奥行きのあるスタイルに。レイヤードしてもバランスのとりやすい、ボクシーなショート丈もポイント。
シャツ(ヴェイパライズ)¥12,500・パンツ¥12,000/ビームス 原宿 Tシャツ¥8,000/ラッド ミュージシャン 原宿 サコッシュ¥15,000/トゥモローランド 

newsshirt1_3

視線をかっさらう
フォトジェニックな袖、プリーズ!

半袖シャツは全体的に、やや長めの袖丈が増える今シーズン。だけどただ長いだけで終わらない、こんなドルマンな袖が、新しい季節のワクワク感にはふさわしい。春先はタイトなインナーにアウターライクに重ねて。どう着よう、とイメージが膨らむ1着。
シャツ(ロトル)¥26,000・パンツ(ヴェイパライズ)¥13,000/ビームス 原宿 ニット¥14,000/トミー ヒルフィガー カスタマーサービス ハット¥13,000/キジマ タカユキ スニーカー¥33,000/ディーゼル ジャパン

newsshirt1_4

バンドカラーは
自分らしさを素材でアピールするのが粋

スマートさとリラックスしたムードが魅力のバンドカラーシャツ。コットンももちろんいいけれど、豊富なラインナップから、素材で選べる楽しさを満喫しよう。
[右]優しげなクリーム色の生地はドライなタッチのリネン混。春らしさも親しみやすさも十分で新生活にジャストな1着。シャツ(Uniqlo U)¥2,990/UNIQLO
[中]しっとりとした光沢が、そっけなくなりがちな薄着の季節に重宝。長めの着丈で、タックアウトしたときにももたつかない、シャープなシルエットに。シャツ¥34,800/レインメーカー
[左]上質なファブリックが人気の「ルーマー」から、メンズ向けのウエアが登場。インドのクルタパジャマをベースにしたシャツは、ウールのなめらかな肌あたりと風合いが最大の魅力。シャツ(ルーマー)¥23,000/アルファ PR

Photos:Kento Mori(model) Kengo Shimizu(still) Hair&Make-up:Taro Yoshida Stylist:Masaaki Ida Model:Jin Suzuki[MEN’S NON-NO model]

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL

PR ARTICLE