パンツは何をはいてますか? おしゃれな人たちに聞いてみた/後編 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

パンツは何をはいてますか? おしゃれな人たちに聞いてみた/後編

突然ですが、あまり話題にはならないけれど気になる「アンダーウエア」事情をメンズノンノが取材! モデルやファッションのプロたちが男の“最後の砦”(笑)として支持している14のブランドを報告します。

 

mont・bell

アウトドアブランドの雄、モンベルのアンダーウエアは極限状態にも耐える機能性の高さが自慢。保温発熱機能のあるスーパーメリノウールは寒い季節に重宝するし、蒸れを快適にコントロールする天然シルク素材のものもある。
上:トランクス¥4,800 下:ブリーフ¥2,900/モンベル・カスタマー・サービス

僕たち、はいてます!

楊井一博(メンズノンノ編集部)

 

THE NORTH FACE

機能性ファブリックがてんこ盛りのトランクス! 「光電子ファイバー」「サーモライト」は保温性を高めてくれ、抗菌防臭機能がある「マキシフレッシュプラス」も搭載。足の動きに合わせたフロントステッチも嬉しいポイントの一つ。
トランクス各¥3,500/ザ・ノース・フェイス マウンテン

僕たち、はいてます!

井手野下貴弘さん(フォトグラファー)

 

BODY WILD

日本が誇るアンダーウエアブランド、グンゼは根強い人気。アクリルレーヨン素材の「Hotnista」は保温性に優れているし、ウエストのゴムがなくステッチを排した「AIRZ」はストレスなく快適なだけでなく、上にはくパンツに響かない。
上:ボクサーブリーフ¥1,500 下:ボクサーパンツ¥1,800/グンゼ お客様相談室(ボディワイルド)

僕たち、はいてます!

内田史重さん(ロケバスドライバー)
西原 瞬さん(デザイナー)

 

SEEK

今回のリサーチで新発見したグンゼ発のブランドが「シーク」。コットン、キュプラ、ポリエステル混紡のボクサーブリーフは、タイトなパンツをはいても形を拾わないデザインになっている。カラーリングも、肌の色に近いものなら薄手で明るい色のパンツの中にはいても透けない。
ボクサーブリーフ各¥2,500/グンゼ お客様相談室(シーク)

僕たち、はいてます!

佐々木 卓(メンズノンノ編集部)

 

FRUIT OF THE LOOM

カラフルな色合いのアンダーウエアでテンションを上げたい人におすすめしたいのが、「フルーツ オブ ザ ルーム」のボクサー。スムースなタッチのコットン素材を使用していて無駄のないプレーンなデザインがポイント。コスパのいいプライスも見逃せない!
ボクサーパンツ各¥1,000/ギャレット(フルーツ オブ ザ ルーム)

僕たち、はいてます!

山本雄生さん(フォトグラファー)
高橋将氣さん(ヘアメイク)

 

無印良品

誰もが一度は足を通したことがあるであろう「無印」のアンダーウエアは、この調査でもトップの人気。オーガニックコットンを使用してのこのプライスはお見事! 落ち着いたカラーリングやデザインが多く、たくさんの人に支持されているのも納得。
上:オーガニックコットン 前開きトランクス¥537 下:オーガニックコットンフライス 前開きボクサー¥537/無印良品 銀座

僕たち、はいてます!

NOBUKIYOさん(ヘアメイク)
西又潤一さん(スタイリスト)

 

SUNSPEL

英国の人気ブランドは他にはない気持ちのいい生地感がポイント。とことん上質なコットンを使用しているから少々値段が張ってもリピートする人が多いのだ。ユニークなグラフィックのトランクスも人気が高い。
上から トランクス¥6,500 ボクサーショーツ¥5,500 ブリーフ¥4,000/サンスペル 表参道店

僕たち、はいてます!

片貝 俊さん(スタイリスト)
小松嘉章さん(スタイリスト)ほか

前編の7ブランドは
こちら

Photos:Yuichi Sugita[POLYVALENT]
Stylist:Atsuo Izumi

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL