おしゃれ男子たちが今月、買ったものを教えます!/2019年10月 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

おしゃれ男子たちが今月、買ったものを教えます!/2019年10月

いよいよ秋気分が高まる! モノトーン派だった人がカラーアイテムをチョイスしたり、チェック柄の購入報告も多々あった。

 

買いました!①

 

AURALEE
チェックブルゾン


「ロングアウターが好みでしたが最近は短めトップスにボリュームパンツというスタイルにハマり、アウターの種類もブルゾンにシフト。このオーラリーも着丈が短めなビッグシルエットです。ブラウン系チェックの配色も上品で、手持ちの服と合わせやすそうだったのが購入の決め手に。パンツやシャツもチェック柄をハント中です!」(メンズノンノモデル髙見翔太
ブルゾン¥66,000/オーラリー

 

買いました!②

 

NEONSIGN
ブラックロングテールシャツ


「ネオンサインに、こんなミニマムなシャツがあるんだなと。スタプレのような化繊が入った生地にマットブラック塗装のスナップボタンと一見、普通ながら気が効いている佇まいがとてもいい。黒はスタイリングの幅が他の色より圧倒的に広くて惹かれます。ほどよいビッグシルエットで、さらっとモードっぽく着るのがよさそうです」(スタイリスト深海佳宏さん)
シャツ¥18,000/ネオンサイン

 

買いました!③

 

NEEDLES
リバーシブルブルゾン&ワイドパンツ


「ニードルズは毎シーズン、何かしら買っています。サテンとフェイクファーのリバーシブルブルゾンは、ヒョウ柄の面をメインにやんちゃに着る予定。定番のパンツは素材違いの黒を持っていて、すごく合わせやすかったので今回はオリーブを。極太ですが裾がすぼまっており靴とのバランスがとりやすいんです。最近はソックスをチラ見せするのがマイブームだから、このパンツは最高。この冬は明るめのアイテムが気分です」(メンズノンノモデル清原 翔
ブルゾン¥49,000 パンツ¥19,000(ニードルズ)/ネペンテス

 

買いました!④

 

ANDERSEN-ANDERSEN
ニットベスト


「オレンジの色味が綺麗で、アンデルセン-アンデルセンには珍しくモードを感じたベスト。メゾンからバリューまでいろいろなブランドを着ていますが、中途半端なものは買いたくない。専業ブランドにはその良さが凝縮されていて、決して安くはないけれど評価されているアイテムが自分の格や気分を上げるために必要と思いました」(スタイリスト庄 将司さん)
ベスト(アンデルセン-アンデルセン)¥36,000/スティーブン アラン トーキョー

 

買いました!⑤

 

KOTA GUSHIKEN
チェックカーディガン


「柄がリブにはみ出ていたり表面にふわふわした毛足が出ていて個性的なカーディガンです。セントマーチン出身のデザイナーらしく、計算されていてテクニカルなんだけれどストリートなムードも。ちょっとした隙やズレのある服には強烈に惹かれますね。何も考えずに直感で着たい!」(スタイリスト井田正明さん)
カーディガン¥98,000/コウタグシケン

 

買いました!⑥

 

SEVEN BY SEVEN × CRANK
ボディバッグ


「今までミニバッグは持っていませんでしたが使い始めたらやはり重宝。パンツのポケットがパンパンだったのが解消しました(笑)。折しも気分はバックトゥ80’s。ワントーンにパンキッシュなバッグが主役のコーデを楽しんでいます。さすがバッグブランドとのコラボだけあって、内側はターポリンの防水仕様」(スタイリスト松川 総さん)
バッグ(セブン バイ セブン × クランク)¥18,000/アングローバル

 

買いました!⑦

 

CHRISTIAN DADA
スウェットフーディー&バケットハット


「クリスチャンダダの服は独特のグラフィックやサイズ感が好きで、よく着ています。このパーカはフロントが紐で、さらっと羽織れるローブ風デザインが新鮮。バケットハットはインパクトのあるビッグロゴにやられて。全身ブラックでも、ダダの服はテキスタイルが凝っていたりポイントがあって、モダンに見えるんですよね」(メンズノンノモデル山本涼介
パーカ¥36,000 ハット¥15,000/クリスチャンダダ トウキョウ

 
※価格は全て税別です。
Photos:Yoshio Kato Stylist:Atsuo Izumi Text:Hisami Kotakemori

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL