成田 凌「最近の私服の話」を補足解説!/連載第6.1回 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

成田 凌「最近の私服の話」を補足解説!/連載第6.1回

メンズノンノ最新号の連載「成田 凌の成分」第6回では、彼が最近よく着ているという“普遍的な”服をクローズアップ。誌面では各アイテムについて詳しくは触れられなかったので、ここメンズノンノウェブでもうちょっと解説します!

 

 

「アルフレッド サージェント」の
サイドゴアブーツ

アルフレッド サージェントは英国の老舗シューズブランド。創業家が4代にわたり伝統的な製法でものづくりを続けている。英国靴には「ジョンロブ」や「トリッカーズ」などの有名なブランドも多い中、成田がチョイスしたのは、このブランドのサイドゴアブーツ。ワークやミリタリーなムードというよりも、エレガントさを湛えたフォルムが印象的。これは代々木上原のBurnishで購入したそうです。

 

「リーバイス®」の
トラッカージャケット&ジーンズ

無類の「リーバイス®」好きな成田くん。2着のGジャン=トラッカージャケットとジーンズを披露してくれた、まず一着目はデニムの生地を裏返したようなデザインが印象的な同ブランドのプレミアムライン「リーバイス® メイド&クラフテッド™」の今季新作“ABOUT FACE”(¥20,000)。そしてもう一着は…「リーバイス® ヴィンテージクロージング」の“TYPEⅢ TRUCKER”(¥48,000)だ。

成田本人のリクエストにより背中には赤丸、左内ポケットに名前の刺繍などを入れてもらったもの。最後にジーンズは、こちらも「リーバイス® ヴィンテージクロージング」の新作“1969 606™ SKYWRITER”(¥28,000)。直営店舗のみでの展開だそう。

なおリーバイスに問い合わせたところ、一般の方向けにも希望に応じたカスタマイズサービスをリーバイスストア新宿リーバイスストア大阪店の2店舗で展開しているとのこと。気になる人はチェックしてみてほしい。

 
※価格は全て税別です。
Photos:Teppei Hoshida
Hair&Make-up:NOBUKIYO

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL