アウターによってマフラーを替えるのは常識。基準は「丈」! | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

アウターによってマフラーを替えるのは常識。基準は「丈」!

おしゃれな人は、その日のアウターの“丈感”に応じてマフラーをチェンジしている。プロのスタイリストが教える、細かいけれど差がつくちょっとした着こなしのコツを学ぼう。

ショート丈には
太いマフラーを!

「ショートアウターに細いマフラーを巻くと中途半端なボリュームになり、逆に華奢に見えてしまいます。太いマフラーをくるくる巻きにしてしっかりポイントをつくりましょう。同系色だと馴染みすぎて悪目立ちする可能性もあるため、やりすぎない程度のコントラストを意識してください」(スタイリスト片貝 俊さん)
マフラー(インスタントファンク)¥14,700/HEMT PR ブルゾン¥24,000/ビューティ&ユース 渋谷公園通り店 パンツ(N.ハリウッド コンパイル)¥24,000/ミスターハリウッド

ロング丈には
細いマフラーがいい!

「チェスターコートなどロング丈のすっきりとしたアウターには細いマフラーが好相性。太くボリュームがあるとアンバランスで野暮ったくなってしまいます。かっちりめのアウターは同系色のマフラーを無造作にひと巻きするとこなれて見えますね。左右の長さを揃えて、だらしない印象を避けるのもポイント」(スタイリスト片貝 俊さん)
マフラー(ジョンストンズ)¥32,000/リーミルズ エージェンシー コート¥24,800・パンツ¥12,000/ビームス 原宿 スウェット(N.ハリウッド)¥21,000/ミスターハリウッド

あわせて読みたい

 
Photos:Teppei Hoshida Hair&Make-up:Masaki Takahashi Stylist:Shun Katakai Model:Keisuke Nakata

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL