「ミハラヤスヒロ」20周年のショー直後に、三原氏に独占インタビュー! | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ : 2ページ

NEWS

「ミハラヤスヒロ」20周年のショー直後に、三原氏に独占インタビュー!

7_900_IMG_1765

20周年記念ショーを終えたばかり、ホッとした表情の三原康裕氏その人を直撃。

ブランドの創設は1998年、シューズデザイナーとして初の海外進出は2002年。「プーマ」とのコラボレーションを世界の舞台で披露し、3年後のミラノにて海外コレクション初参加を果たす。

b_2005-06aw_MILAN

MIHARA YASUHIRO 2005-2006AW

三原康裕:「レザーのデストロイド加工やパッチワークに熱心だった頃ですね。なぜミラノで発表するのか、というビジョンもないままに突っ走っていた時期でした」

c_2007-08aw_PARISMihara-Yasuhiro-3_037

MIHARA YASUHIRO 2007-2008AW

海外デビューから5シーズン後の2007年にはパリに舞台を移すと「ミハラヤスヒロ」らしいクリエイションを明確に打ち出し、高く評価される。

三原:「この技法やディテールは今も受け継いでいます。パリのモード協会は閉鎖的と思いきやファミリーのような懐の深さがありました」

以後10年にわたりパリコレの中堅ブランドとしての地位を確立したが、2016年は同時多発テロの影響もあり、発表の場はロンドンへ。

d_2017ss_LONDON

MAISON MIHARA YASUHIRO 2017SS

三原:「パンクになった、とも評されたシーズン。1950~60年代の米国カルチャーに憧れるドイツ労働者階級の若者を表現しました。“NO CLUB LONE WOLF”=一匹狼というテーマは当時の心境そのもの」

 
11_1500_IMG_1440

最後に、メンズノンノとの思い出も…。

三原:「1996年、まだ靴だけだった初めての展示会に当時の編集長が来てくれて20代の僕にも真剣に向き合ってくれました。この20年間はメンズノンノさんと歳を重ねてきた実感がありますね」

もちろん、三原氏にとって20周年は一つの通過点に過ぎない。

三原:「来春夏コレクションはパリに戻ろうと思っています。クリエイション、クラフトマンシップ、アート性が最も評価される場に、これからもチャレンジをし続けたい」

Photos by Takahiro Michinaka
Text by Takafumi Hojoh

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL