ウール素材のアウターは帰宅後のケア、2ステップで状態に差がつく! | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

ウール素材のアウターは帰宅後のケア、2ステップで状態に差がつく!

スタジャンやチェスターコートなど、今まさに活躍中のウール素材のアウター類。シーズンの終わりまで綺麗なまま着るためには日々、次のケアを実践しておこう。

ウールアウターのお手入れ方法

STEP①
着た後は必ずブラッシング!

ffak12_1

一度の着用でも、ホコリは意外と付着する。ブラッシングで落としながら毛並みも整えることで、生地の状態が回復するのだ。毛玉防止効果もあり。

STEP②
すぐにクローゼットに入れない!

ffak12_2

身体から出た水分により、アウターには湿気が含まれている。そのままクローゼットにしまうとカビの原因になるため、一日ほど風通しすることが賢明!

ウールアウターの汚れ対策

ffak12_3

小さなシミや袖口の汚れは、すぐに対処を。おしゃれ着用の洗剤を水で薄め、布に含ませてトントン叩く。それでも落ちない場合はクリーニング店へ。

毛玉ができたときの対処法

毎日の手入れをしていても、長く着続けているとできてしまうのが毛玉。簡単に取れる5つの神アイテムを教えます!

台所用スポンジ

柔らかい面ではなく、ザラザラの面でなでるようにすると毛玉を取ることができる。

ラップの切り口

アウターを平らな場所に置き、キッチンラップのカッター部分で毛玉をなでてみよう。

使い捨てカミソリ

T字型のカミソリがベストだ。生地を傷めないよう、慎重に優しくカットすること。

紙やすり

目の細かいものを使用。筒状に丸め指を通し、なでるようにすると扱いやすい。

毛玉取りブラシ

専用の道具は、やはり優秀。1,000円弱で買える毛玉取りブラシが特におすすめだ。

 

あわせて読みたい

 

Illustrations:Takeshi Numata
Composition&Text:Misato Kikuchi

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL