スーツの基礎講座[5]ネクタイの柄と、結び方 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

スーツの基礎講座[5]ネクタイの柄と、結び方

「スーツの基礎」シリーズ最終回は、スーツそのものではないがスーツスタイルの要・ネクタイについて。

着こなしの完成度を左右するVゾーンの主役なので、基本的な柄の種類と、マスターすべき結び方をここに記しておく。

 

ネクタイの柄の種類

最低限、覚えておきたい7種がこちら。名称と、それぞれのフォーマル〜カジュアル具合を知って、使い分けたいところ。

tie002

1. タータンチェック
英国の伝統的なチェック柄。オンタイムなら、色数を抑えよう。

2. ポルカドット
大きめのドット柄。カジュアルさが増すので、パーティなどに最適。

3. ドット
ベーシックなドット柄。ストライプよりは、印象がカジュアル。

4. ピンドット
ピンで突いたような、小さなドット柄。遠目には無地でシック。

5. 小紋柄
小さな文様が規則的に配置された柄。知的な大人の雰囲気が特徴。

6. アメリカンレジメンタル
右下がりのレジメンタルストライプのこと。トラッドなイメージ。

7. レジメンタルストライプ
英国の連隊旗の配色をベースにした、右上がりのストライプ柄。

 

1〜5各¥9,000・6[参考商品]・7¥12,000/フェアファクスコレクティブ

 

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL