おしゃれになれる!「ストライプ」と「ボーダー」柄のルール | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ : 2ページ

NEWS

おしゃれになれる!「ストライプ」と「ボーダー」柄のルール

LONDON STRIPE:ロンドンストライプ

地色が白で、等間隔の棒縞。キャンディストライプより幅広で、 モッズルックやロッカーの衣装など個性的かつ男らしいスタイルでよく見られる。英・米名は「ブロックス ストライプ」。

london1

グレーストライプが、着こなしの主役に使いやすい!

棒線が太すぎず、白 × グレーというニュートラルな組み合わせのシャツ。存在感はあるのに難易度は低い、という使いやすさ。一枚でさらっと着てもアリ。

シャツ¥26,000・Tシャツ¥8,000・パンツ¥24,000(すべてラグス マックレガー)/プレッド PR ハット(スターカウ)¥24,000/スティーブン アラン トーキョー ソックス(4足セットで)¥7,000/ジョン ローレンス サリバン 靴(カミナンド × アーバンリサーチ)¥21,000/アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店

 

london2

締めるところは締めて、個性派なムードを抑えよう!

個性全開な印象になりすぎないように、他のアイテムは色や柄を極力抑えて。ブルゾンやハイカットのスニーカーを合わせれば、このパンツの本領発揮、ロックテイストな着こなしに!

ブルゾン(キンフォーク)¥40,000/アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店 ニット(タピア・ロサンゼルス)¥79,000/モアライド パンツ(オニキ)¥30,000/ウミット ベナン ダイカンヤマ スニーカー(エイティーズ)¥36,000/エドストローム オフィス

 

NEXT:おなじみの「ボーダー」を今着るなら、この2種類だ!

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL