アートがスーツと共振する、「エルメネジルド ゼニア 銀座グローバルストア」 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

アートがスーツと共振する、「エルメネジルド ゼニア 銀座グローバルストア」

1_640_Exterior_low

1910年創業の老舗「エルメネジルド ゼニア」(Ermenegildo Zegna)のグローバルストアが、銀座2丁目の中央通り沿いにオープン。

ピーター・マリノが建築デザインを手掛けた4階建ての店舗は、アジア最大、世界でも2番目の規模を誇る直営店となる。

デザインのインスピレーション源は、創業地であるイタリア・トリヴェロのゼニアのウール工場で100年以上にわたって生み出されてきた、高級ファブリック。それは、布の縦糸と横糸をイメージしたという店舗正面ウィンドウに象徴されている。

 

2_640_1F_low

エントランスを抜けると、ステファノ・ピラーティが手掛ける「エルメネジルド ゼニア クチュールコレクション」のためにピーター・マリノが特別にデザインしたという、豪華なクチュールルームが目に留まる。

 

そして、フロアのあちこちに散見されるのが、絵画、写真、調度品などのアート。

「エルメネジルド ゼニア 銀座グローバルストア」を語るうえで、アートの存在は欠かせない。

空間演出はゼニア財団が2012年3月にスタートした「ゼニアアート」プロジェクトの一環で、最近オープンの世界の直営店では、どこもフロアのコンセプトを象徴するようなアートを飾っているのだ。

 

3_640_2F_StefanoArienti

ラグジュアリーを知る者は、アートへの造詣も深くあるべし。

ということで、「エルメネジルド ゼニア 銀座グローバルストア」の主なアート作品をピックアップしつつ、各階を紹介しよう。

「EZ」のモノグラムが施された階段からは、イタリア人アーティスト、ステファノ・アリエンティ(Stefano Arienti)が描いた羊たちが見える。

そして、2階へ。

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL