写真家アンディ・チャオの“ROOTS”を辿る日本初個展 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

写真家アンディ・チャオの“ROOTS”を辿る日本初個展

1_640_CHX4E3BE02

Photo:ND CHOW

シンガポール出身の写真家であるアンディ・チャオが、銀座のMEGUMI OGITA GALLERYで日本での初個展「ROOTS」を開催。

期間は9月13日(土)から27日(土)まで。

この写真展は、今年5月にアンディの故郷シンガポールで催された同タイトルの個展の巡回開催だが、構成は日本オリジナルのものになるとのこと。

キュレーターは本尾久子さん。

2_640_CHX4E3BK06

Photo:ND CHOW

展示される作品は、写真家を目指して東京に移り住む前の1998年から2000年にかけて訪れた、日本、中国、インド、ヨーロッパ、オーストラリアで撮影した彼の“原点”といえる写真。

およそ15年前、感情の赴くままに世界を旅し、その土地やそこに暮らす人々を撮影したものだ。

3_640_CHX4E3AK02

Photo:ND CHOW

それから十数年、今や著名人のポートレートを中心に雑誌や書籍、広告の世界で活躍中の彼は、ふとした契機から当時の写真をあらためて見返してみたのだという。

その過程で、自分がなぜその景色や人々に惹かれたのか、本人も自覚していなかった心の奥底が明らかになっていった。

4_640_CHX4E3AK03

Photo:ND CHOW

そして約1年をかけて写真を構成し、感情を言葉にし、昨年9月に初の写真集「ROOTS」(発行:マガジンハウス)を出版。

膨大な量のフィルムの中から、セレクトして新たにプリントし、自らの言葉を添えて構成した写真は、ストレートで瑞々しい感性に溢れている。

5_640_CHX4E3AM01

Photo:ND CHOW

撮影の現場では気さくで飾らない人柄で知られている彼だが、普段とは趣の異なる旅の写真と文章を通して、美学や人間性が浮かび上がってくるだろう。

撮影から16年経った今だからこそ見つけることができた、アンディ・チャオの「ROOTS」を辿ってみよう。

カメラマン志望のメンズノンノ読者はもちろん、必見だ。

アンディ・チャオ写真展:「ROOTS」
日時:2014年9月13日(土)~27日(土)/開場時間:11時~19時(月・祝休)/場所:MEGUMI OGITA GALLERY(住所:東京都中央区銀座2-16-12 銀座大塚ビルB1/TEL:03-3248-3405)
略歴:ND CHOW(アンディ・チャオ)
シンガポール生まれ。肖像写真家を目指し、2000年より東京に在住、2003年に独立。トム・ハンクス、北野武を始め世界的な著名人のポートレートやエディトリアル写真を中心に、資生堂、コーセー、キャセイパシフィック航空、NTT Docomo などの企業キャンペーンや広告ビジュアルも多く手掛けているけている。

Text by Takafumi Hojoh

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL