▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

目黒蓮、フェンディに愛された男。アルチザンに敬意をこめて…[スペシャルフォトシュート&インタビュー]

目黒蓮、フェンディに愛された男。アルチザンに敬意をこめて…[スペシャルフォトシュート&インタビュー]

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

エレガントな感性に、クラフツマンシップやひとさじのかわいげを加えたフェンディの最新コレクション。日本人男性初となるジャパンメンズブランドアンバサダーに就任した目黒蓮が華麗に着る!

FENDI(フェンディ)の24SSメンズコレクション ショーツのセットアップを着用した目黒蓮さん

アイコニックな「FF」ロゴが織り込まれたセットアップは、ひざ上丈のショーツがフレッシュなムードをスタイルに呼び込んでくれる。胸に下げたのは小ぶりなフォルムで人気の「ピーカブー アイシーユー エックスクロス」。新色のグリーンで着こなしに春のポップなアクセントをプラスして。

ジャケット¥519,200・Tシャツ[参考商品]・パンツ¥157,300・靴¥143,000・バッグ〈ヨコ23×タテ14.5×マチ6㎝〉¥489,500[予定価格]・ネックレス¥101,
200・リング¥57,200/フェンディ ジャパン

 


FENDIの24SSメンズコレクションから、ウールジャケットのセットアップを着用した目黒蓮さん

天然染料で染められたしなやかなウールジャケットは袖を通すとその柔らかな着心地に驚かされる。タンカラーのワントーンで統一したスタイリングのポイントは、本格的なワークウエアがインスピレーション源になったウエストのツールエプロン。ブランドが今シーズン掲げる「職人へのリスペクト」をまさに象徴するユニークなアイテムだ。

ジャケット¥392,700・インナー¥134,200・エプロン¥716,100・パンツ¥168,300・リング¥36,300・ネックレス¥77,000/フェンディ ジャパン

 

FENDIの24SSメンズコレクションから、バケットハットを着用した目黒蓮さん

ラグジュアリーでありながら、ちょっとした“ひねり”も忘れないのがフェンディの懐の深さ。デニムのダメージのように「FF」ロゴの刺繍ししゅうを施したバケットハットは、カジュアルにもシックな服装にもマッチするバランス感覚が絶妙。同じく「FF」ロゴモチーフのインターシャをあしらった半袖ニットやチェーンネックレスを合わせ、軽やかでアクティブな雰囲気にまとめてみるのも面白い。

ハット¥70,400[予定価格]・Tシャツ¥157,300・ネックレス¥55,000/フェンディ ジャパン


 

FENDIの24SSメンズコレクションから、コートとロングシャツを着用しドリンクキャリアを持つ目黒蓮さん 

右手に持ったのは、なんとカップを4つ収納できるドリンクキャリア! ワークテイストのコートにロングシャツ、そして首もとはタイドアップ。春の始まり、こんな"こなれたコートスタイル"でコーヒーでも差し入れできたら、まわりのポイントアップは間違いなしだ。

コート¥589,600[予定価格]・シャツ¥195,800・パンツ¥173,800・ネクタイ¥45,100・靴¥157,300・リング¥47,300・カップとキャリアのセット¥143,000(※ドリンクカップ各¥28,600)/フェンディ ジャパン

 

FENDIのマキシサイズの「バゲット」バッグを持つ目黒蓮さん

名作が数多くリリースされているバッグのラインナップで、今シーズンのイチ押しは、マキシサイズで登場するアイコンバッグ「バゲット」。ボディには、ローマの石畳を連想させるシボ感が特徴の上質なカーフレザーを使用。クラフツマンシップ漂うハンドステッチのデザインで、ソリッドなブラックの表情にリッチな奥行きを加えている。

シャツ¥115,500・バッグ〈ヨコ40×タテ22×マチ8㎝〉¥577,500・ブレスレット¥50,600・リング¥47,300/フェンディ ジャパン


 

FENDIのレザージャケットを着用した目黒蓮さん

トレンドのレザージャケットは、ドロップショルダーとたっぷりした身幅のリラックスフィットでとびきりモダンな印象。前身頃のビッグポケットや、右胸についたツールを通すレザーループのあしらいで、ワークなエッセンスがちりばめられているのもポイントだ。タフなイメージに偏らず、シャツをタックインしたトラッドなスタイルにも相性バツグン。

ジャケット¥1,206,700・シャツ¥231,000[予定価格]・パンツ¥168,300/フェンディ ジャパン ベルト/スタイリスト私物

 

FENDIのショーツと総柄シャツを着用した目黒蓮さん

夏を先取りするような総柄のシャツとショーツのコーディネートも、色をモノトーンで押さえれば品のよさをしっかりキープできる。よく見るとシャツのプリントはハンマーやペンチなど、職人が使う工具類。厚底のラバーソールがキャッチーな「フェンディ フォース」レースアップシューズや、シルバーアクセなど、シンプルな着こなしにさりげなく華やぎを加えた。

シャツ¥231,000・パンツ¥627,000・靴¥157,300・ブレスレット¥60,500・リング¥53,900/フェンディ ジャパン

 


FENDIのエプロンシャツとスーツを着用した目黒蓮さん

ジャカード刺繍が配されたスーツは、職人の卓越した技が発揮されたエレガントな1着。シャツは大胆に背中があいたエプロン風の仕立てで、腕を袖に通さずはおるようにジャケットを着こなしてもサマになる。オーセンティックなスーツに、上品な装飾と色気を添えたドレススタイルは、まさにフェンディならでは。

ジャケット¥415,800・シャツ¥150,700・パンツ¥134,200・ネックレス¥88,000・ブレスレット¥60,500・リング¥47,300/フェンディ ジャパン ベルト/スタイリスト私物

 

SPECIAL MOVIE

 


初めてのミラノコレクション、
そしてフィレンツェの工房へ…

目黒 蓮 フェンディを語る

Unforgettable experiences
in Milan & Florence

初めて観たフェンディのショーは
感動と驚きの連続でした!

ミラノのホテルで撮影された目黒蓮さん

「滞在していたホテルの螺旋らせん階段で。後日、動画を観たら大勢の報道陣に囲まれていたのですが、全くそんな感覚がなかったので驚きました」。

1925年にフェンディが創業して以来、100年近い歴史の中で初のジャパンメンズブランドアンバサダーに就任した目黒蓮さん。今年1月には、イタリア・ミラノで開催された2024-25年秋冬 メンズコレクションのショーを訪問した。帰国からわずか数日後に行われた、今回の撮影。早朝のスタートにもかかわらず、目黒さんは健やかな表情でスタジオに登場。時差ボケの有無を尋ねると「全然! 余裕で回復しました」と笑みを浮かべて、イタリアの旅に思いをせた。

 

1月にミラノで行われたFENDIのメンズコレクションで、ショー会場に到着した目黒蓮さん

「ショー会場に到着した瞬間、たくさんのファンが声をかけてくださり感動!」。

本当に夢のような旅でした。いろいろな経験をさせていただきましたが、最も印象に残っているのは、やっぱりショー。すごく長い期間をかけて、ギリギリまで準備をしてきた皆さんの意気込みを肌で感じ、言葉では言い表せないほど感動しました。Snow Manのメンバーと衣装を考えるときなど、人生のさまざまな場面で生きるであろう、いいイメージやインスピレーションをたくさんもらいましたね」


 

ショー会場での目黒蓮さん

各国の著名人とフロントロウに並んでショーを観賞。「隣に座っていたスペインのシンガー、ギターリカデラフエンテ(Guitarricadelafuente)さんがフレンドリーに話しかけてくれて、緊張が解けました」。

「それから、ランウェイがめちゃめちゃ長かったんですよ!」。興奮ぎみに語った驚きには、モデルとしても活躍する目黒さんらしい視点が。
「会場に応じて変わるんでしょうけど、想像をはるかに上回る長さでした。僕はモデルのお仕事をするとき、服を美しく見せることに全意識を集中させているのですが、あの距離を、集中力を絶やさずに歩き切るってすごすぎる!」
会場では、各国のセレブリティと言葉を交わしながら写真撮影する場面も。海外メディアのインタビューに、堂々と英語で応じる姿が話題を呼んだ。

目黒蓮さんとシルヴィア・フェンディさん

フェンディの創業家3代目で、メンズコレクションのアーティスティック ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディ氏と。昨年ローマで初対面し、再会を果たした。

 


「ショーの直前まで通訳をしてくださったんですけど、その後は自分でコミュニケーションを取らなければならず……ヤバい! と焦りましたが(笑)。覚えている英単語を必死で絞り出しながら、なんとか会話が成立したのでホッとしました。昔ほんの少しだけ勉強した韓国語を使い、自分からイ・ミンホさんに話しかけてみたりもして。学んだことが生きると、やっぱりうれしいですね」

フェンディ24FWメンズコレクションのショールック

目黒さんがショーで最も印象的だったというルックがこちら。「バーガンディのシックなトーンが好みです。ショートパンツとロングブーツを合わせた着こなしも新鮮で、挑戦してみたい!」

 

作り手の気持ちと技術を知り
「物」の見方が変わった

メンズノンノの撮影中、服を汚さないように上半身をかがめて慎重に水を飲む。目黒さんの仕草にも表れていた、服を大切にする意識は、レザーグッズ工房「フェンディ ファクトリー」を訪れたことでいっそう強くなったそう。

 

フェンディ ファクトリーのようす

「フェンディ ファクトリー」ではレザーバッグが作られる工程を視察。「全工程を手作業で行っていることに衝撃を受けました。世界中に届けなきゃいけないのに、こんなに丁寧に作っていて完成するの!? と(笑)」。

「レザーがバッグになるまでの工程それぞれにプロがいて、プロからプロの手へ渡って完成する。職人の技術をナマで見て、自分がものを買うときに、作り手まで意識できていなかったことに気づいたんです。たくさんの人の思いや技術によって完成したんだと意識すると、アイテムの見え方も重みも変わりませんか? 僕たち一人ひとりにとって、そして社会にとっても大切な意識だな、と深く考えさせられました」

 


フェンディ ファクトリーでバッグが縫製されるようす

「僕も実際にレザーを縫わせていただいたんですよ! ひと縫いでしたが、めちゃめちゃ緊張しました。あのレザーを使ったバッグ、完成したかな……。世界のどこかに僕が縫ったバッグが届いて、棚に飾られることを想像すると、グッときます」。

 

フェンディ ファクトリーの外観写真

フィレンツェ近郊カパンヌッチアにある「フェンディ ファクトリー」。

「自分が本当に好きなものを着ている人は、キラキラ輝いて見える。だから僕は疲れた日にこそ、お気に入りのアイテムを着ています。自然と、ポジティブになれるので」。そう語る彼がファッションの威力を感じたのは、初めてフェンディを着たときだった。

「初めて買ったハイブランドのアイテムは、首もとにフェンディのロゴが入ったトップス。Snow Manとしてデビューして間もない頃だったかな……気持ち的にもお財布的にも、すごく頑張った買い物でした。ドキドキしながら袖を通したら着心地もデザインも最高で、さらにファンの方にも褒めていただき、気分がめちゃめちゃ上がって。もっともっとフェンディの服を着てみたい! と、少しずつ手に取ってきたブランドと一緒にお仕事ができるなんて、今でも夢みたい。新しい衣装を着るたびに、“これもカッコいいな~”と気分が上がりまくってます(笑)」

 


すべての現場で全力を尽くす。
その意識がミラノにつながった

初めてフェンディを手にした日から、わずか3年。ノートにつづった目標を一つ一つ、着実にかなえながら、スターダムを駆け上がっていった。 「去年ローマで撮影をしたときは、アンバサダー就任やミラノ訪問も決まっていなかったんですよ。この職業は先が見えないからこそ、すべての現場で全力を尽くすことを大切にしてきました。それが今につながっていると自信を持って言えるし、今後もずっと大切にしていきたい。ショーの前夜も、ラウールと“仕事でミラノに来られるなんて感慨深いね”と夜な夜な語っていたら、胸が熱くなって……“冷静さは保ちつつ、本気で挑もう!”と激励し合いました」

 

ミラノのドゥオーモの前に立つ目黒蓮さん

ミラノを代表するドゥオーモ(大聖堂)も訪問。「このセットアップは、今回の旅で着たルックの中でも特にお気に入り」

 

深い絆で結ばれたSnow Man。イタリアで交わしたメンバーとの会話を振り返りながら、顔が一段とほころびる。
「同じホテルに泊まっていたラウールとは外出時を除いて、ずっと一緒にいました。部屋に帰ると大体、彼がいたんで(笑)。日本にいるメンバーともLINEグループでつねに話していて、(向井)康二からは、ミラノでの仕事についてのコメントもありましたね。全く関係ない話題のおまけ的に『ミラノの写真がむっちゃ話題になってるみたいやで!』と報告されたかな(笑)。ホッとしました。僕らは世界のどこにいても変わらないんだな、って」

ミラノにあるフェンディのブティックを訪れた目黒蓮さん

ミラノにあるフェンディのブティックにて。「歴史ある邸宅を改装したという店内は、まるで美術館のようでした。天井画が特にすばらしく、思わずうっとり。イタリアは建物も街並みも美しくて、散策しているだけで豊かな気持ちになります」。

 

イタリアでも愛称「めめ」の歓声を浴び、グローバルスターとしての存在感を示した目黒さん。最後に、今回の旅を経た、現在の思いを聞いた。
「自分が思っていたよりも僕の名前を知っている人がいて、ファンの方の中には、僕が表紙の雑誌を掲げてくれた人もいたんですよ。うれしさと新たな可能性を感じたのと同時に、気が引き締まりました。デビュー時に予定していたアジアツアーがコロナの影響でできなくなってしまい、世界進出という夢を、まだかなえられていないので。応援してくれる人のためにも、もっともっと頑張らなきゃいけない。フェンディさんとのお仕事やお芝居など、目標はたくさんありますが、すべてに通ずるのは、『見てくれる人を笑顔にしたい』という思い。すごくシンプルな表現だけど、僕の素直な気持ちです」

目黒さんが体験したフェンディの職人技を垣間見られるポップアップストア「フェンディ セレリア」を、3月26~31日に「MEDIA DEPARTMENT TOKYO」にて開催。

 

目黒蓮さん

Ren Meguro

1997年2月16日生まれ、東京都出身。2020年1月、Snow ManとしてCDデビュー。アイドル、俳優、モデルとしてマルチに活躍する。俳優としての代表作はドラマ『silent』『トリリオンゲーム』など。

問い合わせ先

フェンディ ジャパン
TEL:0120-001-829
www.fendi.com

Photos:Teruo Horikoshi [TRON] Videographer:Mitsuaki Murata[ETONE] Hair&Make-up: Shinichiro(IKEDAYA TOKYO) Stylist:Katsuhiro Yokota[YKP] Model:Ren Meguro Text:Ayano Nakanishi(P09-10)

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 目黒蓮、フェンディに愛された男。アルチザンに敬意をこめて…[スペシャルフォトシュート&インタビュー]

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-cxense-recommend ( trigs ) ▼

FEATURE

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-feature ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-popin-recommend ▼

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-movie ▼

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-special ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼