日本初!「デヴィッド・ベイリー展」が、必見です | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
岩佐編集長

編集部

日本初!「デヴィッド・ベイリー展」が、必見です

最近、私の中でデヴィッド・ボウイ熱が再燃しています。

年の離れた兄の影響で、小学生くらいから大学に入るまでは、ほぼ洋楽一辺倒だった私。ませていました。そして典型的なロックスターに憧れていました。その一人が、デヴィッド・ボウイ。でもティーンの頃の私はファッションアイコンとしての彼をヒットチャートとともに追うばかり。

ところが、そんなぼんやりと好きだった時代を経て、先月訪れたデヴィッド・ボウイ大回顧展(4/9まで!)で雷に打たれたかのごとき衝撃が。恥ずかしながら、私は彼について何も知らなかった。いかに才能に溢れていたか、時代の先を読むセンスに恵まれていたか、どんなに真剣に努力をしていたか。

そんな訳でボウイをあらためて聞き直しているのですが、一度も生前にライブに行かなかったことを今、本当に後悔しています。会いたかった…。

前置きが長くなりましたが今「ポール・スミス スペース ギャラリー」で開催中のデヴィッド・ベイリー展「Bailey’s Icons」では、これまでに公開されたことがなかったデヴィッド・ボウイの写真も初公開されています。その情報を聞き、プレビューを本当に楽しみにしていた私。

IMG_2334

リラックスして微笑みを浮かべているように見えるボウイ。フォトグラファーへの親しみと信頼感が感じられるような写真です。

デヴィッド・ベイリーは、ミュージシャンやアーティストの写真を長年に渡り撮り続けてきた、世界的に有名なフォトグラファー。この日本初となる展覧会でも、多くの人が知っている著名なアーティストのポートレートが展示されています。被写体の表情はモノクロでありながらとても生き生きとしていて、じっと見ていると動き出すんじゃないかと思うくらい。ぜひ多くの人に見てほしい、フレッシュな魅力に満ちた作品ばかりです。

IMG_2332

IMG_2337

IMG_2338

IMG_2339

これらの写真、なんと買うこともできます。(1点2万ドルですが!) 直接、イギリスのキュレーターと交渉して新しく焼いたものを送ってくれるそうです。詳細は会場まで。

「ポール・スミス スペース」でショッピングを楽しんだあとは、忘れずにギャラリーにも立ち寄ることをおすすめします。日本でベイリーの写真を見られるのは、この後はいつになるかわかりません。この機会をぜひ逃さないで!

Bailey’s Icons
会期:2017年3月25日(土)~5月10日(水)
会場:Paul Smith SPACE GALLERY
東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F
TEL: 03-5766-1788
月~金12時~20時、土日祝11時~20時
(不定水休)
展覧会の詳細はこちら

BLOG 一覧に戻る

岩佐編集長

編集部

2011年より編集長。癒しは二匹の猫。大の猫好きと言われますが犬も好きです。趣味はゴルフ。飛距離アップをめざして最近ではジム通いも。珍しく、なんとか続いてます。

最新 BLOG

SPECIAL