「現美新幹線」に乗ってみた。 | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
岩佐編集長

編集部

「現美新幹線」に乗ってみた。

体験型アートが大好きなわたくし。「現美新幹線」の試乗会のお知らせをいただき、入稿・校了真っ只中だったのにも関わらず、馳せ参じましたよ、越後湯沢駅に。

 

「現美新幹線」とは、4月29日に開業する、上越新幹線「越後湯沢~新潟」間を往復する「走る美術館」。注目のアーティストがこの列車のために制作した現代アートが各車両に展示されているほか、地元・新潟の素材にこだわったスイーツやコーヒーを提供する、おしゃれなカフェもあります。わくわくしながらまだ肌寒い越後湯沢のホームで待っていると……

 

やってきました!

外観1

外観をダイナミックに飾るのは、蜷川実花さんの写真。来ました来ました、なんかアガります!

外観あたま

現美

黒光りする車体が、ちょっと威圧感あります。他のホームにいたお客さんや他の列車の車窓からも、多くの人がもの珍しげに写真を撮ったりしていました。

石川直樹

以前メンズノンノで連載をしていたこともある、写真家の石川直樹さんの作品の車両。多くの車内にはこのように壁際に作品が展示され、それに対峙するような形でゆったりとソファが置かれています。従来の「車内と座席」のイメージを覆す空間で、じっくりと作品が鑑賞できるようになっています。

内観花

荒神明香さんの作品。ゆらゆらと動く、花の集合のようなとても美しい作品。

子ども部屋

子どもたちが遊べるキッズルームもあります。こちらも立派な作品。

おもちゃアップ

このブリキの箱、開けると……

おもちゃ線路アップ

線路のパーツが入ってました! ほかに、小さな新幹線がたくさん入った箱もありました。かなり自由に組み合わせて子どもが遊べるように作られているのが、すごい。

カフェ1

カフェお菓子

可愛らしいカフェでの目玉は、お菓子研究家のいがらしろみさんが監修したスイーツと、燕市で人気の「ツバメコーヒー」が監修したコーヒー。これ目当てに来るお客さんもいそうです。ただし、飲食はこのカフェ車両でのみ。他の車両で飲食できないのは、ちょっと残念ですが… 仕方ないか。

 

この「現美新幹線」、車両は11~16号車とちょっとコンパクトですが、旅という非日常を移動のときからドラマティックに味あわせてくれる素敵なアートだと思いました。

 

気になる運転日や詳細は http://www.jreast.co.jp/genbi/ でご確認ください。

 

最後に、私が一番気に入ったブライアン・アルフレッドさんの作品です。日本の美しい風景をモチーフにしたアニメーションは、見ているうちに眠くなってしまいそうな心地良さ。まさに、旅とアートが溶け合った空間でした。

 

BLOG 一覧に戻る

岩佐編集長

編集部

2011年より編集長。癒しは二匹の猫。大の猫好きと言われますが犬も好きです。趣味はゴルフ。飛距離アップをめざして最近ではジム通いも。珍しく、なんとか続いてます。

最新 BLOG

SPECIAL