「ワイルドスワンズ」のコバから、カバまで。 | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
WEB担当 H條

編集部

「ワイルドスワンズ」のコバから、カバまで。

1_WILDSWANS

見てください、この財布の立派なコバ

漢字で「木端」と書きますコバは、その名の通り革の端っこ部分の名称なのですが、高品質の革製品はおしなべてコバの処理が素晴らしいのです。

2_WILDSWANS

私H條、いただきものですが、日本発祥の革小物ブランド「WILDSWANS(ワイルドスワンズ)」の財布を愛用しております。先日のニューヨーク出張にも持っていきました。

3_WILDSWANS

パカッと開いた中は、革一枚で紙幣と小銭のスペースが仕切られていて、コンパクトながらきらめくコスモを感じます。おっと、帰国してから両替をしていないドル紙幣が…。

4_WILDSWANS

そして、この「ワイルドスワンズ」直営店である「C.O.U.」銀座店が、オープン7周年を迎えたそうで。おめでとうございます。限定シリーズ「Horween Shell Cordovan × Baker Sole Bends Series」を見せていただきました。新品のヌードな革色、大好き。

5_WILDSWANS

こちらも限定品。高級紳士靴で使われるカーフレザーを用いたという「Zonta Calf Series」です。ビビッドなバイカラーと、“The Company of Utility 7th Anniversary”の刻印にも注目。ショップ名の「C.O.U.」は、このフレーズの略ですね。直訳すると「有益なモノの会社」。相当な誇りの表れを感じます。

6_WILDSWANS

もう一つ、同じく銀座店7周年記念の「Hippopotamus Series」。ヒポポタマス、とはカバのこと。

 
…コバの話に始まり、カバで締めてみました。「ワイルドスワンズ」さん、ありがとうございました。

BLOG 一覧に戻る

WEB担当 H條

編集部

メンズノンノ編集部のヤドカリジャーナリスト。つぶやきのまとめ。愛すべき編集部員の日々の修羅場を、修羅場の合間だからこそ輝く一瞬の笑顔を、ついでに己のリビドーを、展示会やイベント取材に絡めて許可とってアップするヨイショBLOG。麻雀はアップしません。お羊座・O型・60分類動物占いは「波乱に満ちたペガサス」・未婚です。よろしくお願いします。

最新 BLOG

SPECIAL