メンタマハ・ミナ・シロクロ戦争 | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
兒玉 太智

メンズノンノモデル

メンタマハ・ミナ・シロクロ戦争

ああ、花粉症で目がかゆい。

コンタクトをとってしまいたい。

でもこいつがなけりゃ、僕はこの街で余りにも無力だ…。

 

待てよ?

 

僕は考えた。

すべてのものがあり得ないほど巨大な星に行けば、コンタクトレンズ無しでも生きられるのではないか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

紀元前xxxx年。

宇宙を統率する視力エリート星人「2.0」によって各視力星に振り分けられた目の悪い人間たちは、やがて「2.0」に反旗を翻すようになった。

下剋上戦争、通称「メンタマハ・ミナ・シロクロ戦争」の始まりである。

 

視力星「0.01」はとても大きな星。でも視力0.01以下の人々が集められちゃってるから、窮屈なんだ。

よく見えるようにモノが大きく作られているんだけど、遠くにあると思ったモノにぶつかったり、人身事故は日常茶飯事。

それらは「ぶつかっちゃう事故」として処理され、一日当たりの件数は60億にものぼるという。

コジコジ的な、なんとも倒錯した世界観である。

 

宇宙ヒエラルキーのトップに君臨するのが、「2.0」の連中。

彼らのスローガンは「弘法、目を選ばず」。

表向きは聖人気取りで平等を謳っているのだけれど、内実、彼らに慈愛精神なんて発想は毛頭ない。

 

あるとき、こんな噂が流れた。

視力星「2.0」には小さくて高価なものが優先的に集められている、って。

「2.0」の人にしか見られない細かさに財宝を砕き、他の星から不法に輸入しているらしい。

彼らのターゲットは、広大な土地と資源を持った大きな星。

そう、「0.01」星だ。

 

それに気づいていなかった「0.01」の間抜けさといったら!

しかし「2.0」の悪い噂が一旦流れ出すと、聴力だけは異常に発達した「0.01」の間で、それは光のように伝わっていった。

 

0.01軍団「メンタマハ・ミナ・シロクロ! 2.0モ、コウゾウオナジ!

 

心に闇を抱える人間の団結力は、凄い。

 

遂にその日がやってきた。

BLOG 一覧に戻る

最新 BLOG

SPECIAL