そうだ、音楽の話をしよう。「ヒルフィガー デニム」でTHE BEATLESの『LET IT BE』Tシャツを購入したよ | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
WEB担当 H條

編集部

そうだ、音楽の話をしよう。「ヒルフィガー デニム」でTHE BEATLESの『LET IT BE』Tシャツを購入したよ

1_640_beatles

「人生で初めて買ったCDは?」の問いには、「そもそもCDって何?ダウンロードじゃね?」と答えると逆に歳がバレる昭和生まれのH條です。

「H條くんからは音楽の香りがまったく漂ってこないねぇ…」と編集部でさんざん言われ続けているH條です。

「でも、音楽好きがセンスいい選曲するかというと、それはイコールでもないですよね」とつっかかったりもよくしておりますし、上の世代には「初めて買った…レコード…ですかぁ!! カセット…ですかぁ!!」と返すこともやぶさかでもなく。

しかし、H條さんのiPhoneにある音楽リストは、「自家用車で流す音楽こそ、その人となりを表すものである」の格言のごとく、かなりの万国ガッカリ賞らしく、音楽性の違いでケンカにすら発展しない始末。

はい、音楽の香りっつーものがまったく漂わないH條です。

2_640_beatles

とりあえず、その、人生で初めて買ったCDは、THE BEATLES(ザ・ビートルズ/“THE”が付きますのでカラオケでの英字索引では注意なう)の『LET IT BE』(1973年3月)…もとい、違いました。

人生で初めて買ったCDは、THE BEATLES(ザ・ビートルズ/“ザ”が付きますのでカラオケでのカナ索引では注意なう)の2ndアルバム『With the Beatles』(1963年11月)です。

とにかく、いきなり1曲目の『It Won’t Be Long』(イット・ウォント・ビー・ロング/Lennon – McCartney)でぶっ飛びましたねぇ…中学3年のころ(遅い!?)。

まあ、地元のCDショップではデビューアルバムの『Please Please Me』(プリーズ・プリーズ・ミー/1963年3月)が残念ながら売り切れていて、隣のセカンドに手が伸びた流れなのですが。

この「俺は1stからではなく、マニア好みの2ndアルバム『With the Beatles』からビートルズを買ったんだゼ。ヤァ!ヤァ!ヤァ!」のドヤ精神が中坊時から悦に入っておりました。

3_640_beatles

で、その、『With the Beatles』にはまったく関係ないのですが、「トミー ヒルフィガー」のデニムカジュアルライン「ヒルフィガー デニム」に、THE BEATLESの『LET IT BE』Tシャツがありまして、買ってしまいました。

左袖には、「トミー ヒルフィガー」のアイコンが置かれ、その意外性というか「これぞアメリカ!」(あ、ビートルズさんはロンドンでした)なテイストにグッとキタコレ。

4_640_beatles

それに、トートバッグ付きってのも嬉しいですね。

あ、ほかにも、ドアーズさんやT-REXさんもありましたが、CD持ってないので買いません。

5_640_beatles

最後になりますが、H條の英字スペルは“hojoh”で左右対称にしているんですけども、これは、「よーく目を凝らしてみると、hojohがジョン・レノンの自画像に見えてくる」という理由からでして、実家の家族一同パスポートまで統一しております。

こういうのもファッションの一部だと思っております。

あー…このH條って人、マニアックというか一族揃ってちょいとアレじゃね?なんて思われてもそれこそLET IT BEですわ。

Text by Takafumi Hojoh

BLOG 一覧に戻る

WEB担当 H條

編集部

メンズノンノ編集部のヤドカリジャーナリスト。つぶやきのまとめ。愛すべき編集部員の日々の修羅場を、修羅場の合間だからこそ輝く一瞬の笑顔を、ついでに己のリビドーを、展示会やイベント取材に絡めて許可とってアップするヨイショBLOG。麻雀はアップしません。お羊座・O型・60分類動物占いは「波乱に満ちたペガサス」・未婚です。よろしくお願いします。

最新 BLOG

SPECIAL