月曜日の朝、編集部に出社したら「萩の月」の詰め合わせが空っぽでした。 | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
WEB担当 H條

編集部

月曜日の朝、編集部に出社したら「萩の月」の詰め合わせが空っぽでした。

月曜日って好きですか?

今は好きです。

ちょっと前の月曜日の朝、編集部に出社したら「萩の月」のお土産が、すでに空っぽでした。

前の週の金曜日にはお菓子デスクの上には無かったので、月曜日の朝にI佐編集長が持ってきてくれたのは確かでした。仙台銘菓「萩の月」(菓匠三全/宮城県仙台市/たぶん8個入り)が、ちょっとの差でゲットできませんでした。

そのちょっとの差が、大きいのです。ファッションでは特に。

みんなのことも大好きです。

僕の心は空っぽでした。

そういえば、茂木健一郎さんは恒例の朝の連続ツイートで、こうつぶやかれたことがありました。

「(中略)自分の中で子どもの頃から育んでいた大きな希望を、日常という埃まみれの屋根裏からとりだしてきた。そうしたら、箱の中身は、やっぱりからっぽだった。

それが存在しないことは、決して絶望ではない。生命は、空白を必ず覆い尽くそうとする。自分の中に大きなからっぽがあると知ることこそが、夢の基礎であり、希望の認識である。いっぱいいっぱいでもう隙間がないという風に思うことこそが、退屈や小人閑居しての始まりなのだ。

なんだ、自分の中には、すっかりぽっかりとした隙間があったんじゃないかと気付いた。そうしたら、夢も希望もわいてきた。(以下略)」

このブログでは、メンズノンノ編集部のヤドカリジャーナリストとして、公式ツイートのまとめのほか、愛すべき編集部員の日々の修羅場を、修羅場の合間だからこそ輝く一瞬の笑顔を、ついでに僕のリビドーを、展示会巡りやイベント取材に絡めて許可とってアップしていこうかと。

アップしてもアップしても、僕の心の中は空っぽなのでしょう。

夢と希望がわいてきました。

今後ともよろしくお願い致します。

BLOG 一覧に戻る

WEB担当 H條

編集部

メンズノンノ編集部のヤドカリジャーナリスト。つぶやきのまとめ。愛すべき編集部員の日々の修羅場を、修羅場の合間だからこそ輝く一瞬の笑顔を、ついでに己のリビドーを、展示会やイベント取材に絡めて許可とってアップするヨイショBLOG。麻雀はアップしません。お羊座・O型・60分類動物占いは「波乱に満ちたペガサス」・未婚です。よろしくお願いします。

最新 BLOG

SPECIAL