時がかけめぐったんだ。 | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
Y崎主任

編集部

時がかけめぐったんだ。

今は昔。

確か中学生の頃。
学校は夏休みに入っていて、僕はなんとはなしに
『子子家庭は危機一髪』っていう昼ドラを見てた。

どこにでもあるような普通の家庭が舞台なんだけど、
なぜか、お父さんとお母さんが同時に家出した! っていうトンデモ設定。

まだ小学生の年頃の姉弟が、
不審人物(警察にお父さんが追われている設定)や、
次々見舞われるトラブルから留守の家を健気に守る、という話で、
同じくいわゆる「鍵っ子」だった僕はそれにシンパシーを・・・。

って、話はどうでもよくて。
別に昼ドラの話をしたかったわけじゃなし(正直、あんまよく覚えてない)。
したかったのは、その主題歌の話。

春の雪解けのような、ちょっと切ないメロディが印象的で、
ちょっと、好きだったんですよ。

当時から、サビの部分の2、3フレーズくらいは、
メロディと一緒に歌詞もなんとなく覚えていたんだけど、
肝心のタイトルが、どうしても思い出せない・・・。

「あの頃にはもう戻れない・・・」とか、
「忙しくて優しくなれなかったんだ・・・」みたいな歌詞。
ああ、なんて、90年代。
ゼロ年代のJポップソングには、こんな歌詞ないもん。

で、まあ、折に触れ、
メロディを口ずさんで「この曲知ってる?」と人に聞いたり、
カラオケいったら歌本でそれっぽいタイトルを探したり、
いろいろ調べたんだけど、やっぱりわからない。

そうこうするうちに、時は流れ、僕も30歳になった。

そんなある日(最近)、i-phoneを買って、
いろいろ使えそうなアプリを探してたら、
鼻歌程度のメロディから探したい曲のタイトルを検索してくれる、
魔法のようなアプリがあるという。

有料でも構わない、これはインストールせねば・・・と
心が動きかけたそのとき、あっと気づいた。

「そういえば、インターネットで検索したことなかったかも」。

どうして、こんな当たり前のこと今まで思い当たらなかったんだろう。
まあ、僕の中学生の頃にはインターネットって概念は、まだなかった。
つか、そもそも、こんな当たり前にパソコンが普及してなかった。

試しにそのドラマのタイトルを打ち込んで、検索してみたら、一発。

主題歌『もう戻らない』 唄:木根尚人。

スゲー。アレ、木根さんだったんだ。
ドラマは、赤川次郎原作だったんだ。(しかもシリーズもの)
あまつさえ、「花王 愛の劇場」かよ。(しかも25周年記念作品)

・・・とまあ、タイトルはもちろん、歌詞も全部、
そして、当時出演してたお姉ちゃん役の子は、
もう女優業を引退しちゃったらしい、とかムダな知識まで判明。

あー、スッキリした。

でも、スッキリしたあと、ちょっとだけ寂しい気持ちになった。

インターネットってすごい。
インターネットは世界だけでなくて、時間もつなぐ。

でも、インターネットはすごすぎて、
思い出が思い出のままでいることを許してくれない。
(あっ、僕の表現も90年代ですね。なんか)

思い出なんて、モヤモヤしてるくらいでいいのかも。
ほら、昔好きだった人とかも、ボワーっとしてるくらいの方が
いいじゃないですか。淡くて。

でも、昨日知った衝撃のニュース!
小沢健二全国ツアーは、見たい。
何より、本人名義では9年ぶりとなるニューアルバムを
リリースするこの人

2月19日は、2010年のハイライトになる(個人的な)。予告。

※アプリの話、伏線になってなくてごめんなさいね。

BLOG 一覧に戻る

Y崎主任

編集部

広い肩幅、ボサボサ髪、ちょっとアレなメガネがトレードマーク、の入社7年目。編集部では主にファッションページのほか、音楽コラム担当。現在「メンズノンノRUN部」活動が大いに盛り上がりを見せるなか、ちょっと肩身の狭い文化系。甘党。

最新 BLOG

SPECIAL