Content

広瀬すず、メンズノンノウェブ限定インタビュー

suzu-hirose-closeup

 

今をときめく、という冠がこれほどふさわしい美少女がいるだろうか?

メンズノンノに3回目の登場となる6月号は、なんと6ページの単独クローズアップ!

鎌倉、海、広瀬すず。」と題し、期待の出演映画『海街diary』の舞台・鎌倉にてロケ撮影。CMにドラマに映画にと抜擢が続き、“日本で一番忙しい16歳”とまで形容される多忙な日々の中、メンズノンノだけに見せてくれた新しい表情と、「海」をテーマとしたフォトストーリーを、じっくりご覧いただきたい。

 

メンズノンノウェブでは本誌インタビューの続編として、ウェブ限定となるスペシャルなショットと共に、主に映画『海街diary』について聞いた。

 

cut3_118

映画『海街diary』での役名は何と、「浅野すず」。実際の「すず」と、劇中の「すず」、二人の違いは?

「もし私が浅野すずちゃんだったら、初めて会った三人の姉たちと暮らす、という選択はできないかもしれません。たぶん、ついて行かないな…。自分の存在によって苦しむ人がいるかもしれない、そういう場所へ行くことは難しいと思います。私が我慢して済むならそうしよう、って。すずちゃんの勇気はすごい。でも私、悩まないタイプだから、考え込む前にとりあえず一緒にご飯を食べよう、と思っちゃうかもしれない。食べたら悩みごとが吹き飛んじゃうんですよ(笑)」

 

最年少であることはもちろん、女優としてのキャリアも四姉妹の“末っ子”な広瀬さん。撮影現場は、どんな雰囲気でしたか?

「綾瀬(はるか)さん、長澤(まさみ)さん、夏帆さん。みなさん、本当のお姉ちゃんみたいでした! 四人で同じ傘に入って撮影場所から移動したりして。オフの時間にもお会いして、洋服のお下がりまでもらっちゃったり(笑)」

 

umimachi_scene1

「海街diary」6月13日(土)全国東宝系公開 (c)2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

SPECIAL