メンズノンノモデルになってみて。昨年の合格者4人がフリートーク! | メンズノンノ専属モデル募集 2018 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

メンズノンノモデルになってみて。昨年の合格者4人がフリートーク!

zadankai-1

2018年度の募集がスタートしたメンズノンノ専属モデルオーディション。スペシャルコンテンツの第一弾として、昨年度の合格者4名──髙見翔太ミッチェル和馬岩上隼也井上翔太による特別座談会をお届けします。

 

 岩上  4人全員が集まるのは久しぶりだね。メンズノンノモデルになって半年が経ったけれど、みんなモデルの仕事はどう?

 井上  撮影現場が好き。楽しんでます!

 ミッチェル  学生なので、まだそれほど撮影に参加できていなくて…。早く卒業して、もっと出られるようになりたい。

 髙見  僕も大学を卒業したばかりだから、これからが本番。でも、憧れていたスーツの企画に登場できたのは嬉しかった。

 井上  僕が一番テンションが上がったのは、自分自身でコーディネートを考えるビームスの連載に呼んでもらえたとき。

01_3108_

 ミッチェル  嬉しいというか驚いたのはシャンプーの撮影。スタジオの中で上半身裸になって、泡を少しずつ頭に乗せていって。こういう風に撮るんだ! ってびっくり。

 髙見  撮影でびっくりしたと言えば、撮影現場には食べ物がたくさん用意されていること。

 岩上  昼食や夕食のお弁当のほかに、お菓子もあるんだよね。食べていいのかわからなくて、手をつけないで帰ったことも(笑)。

 井上  写真撮影以外でも慣れないことってありますよね。初めての現場では、先輩になかなか話しかけられなかった。

 髙見  すごく話したいんだけれど、話しかけていいのか迷うよね。

 井上  最近は「彼女いますか?」って聞くことにしてる。会話が一番、盛り上がるかなと。

 岩上  え、かなり踏み込んでるね(笑)。

zadankai-sa-2

 髙見  オーディションのときの岩上くんも話しかけづらかったけど(笑)。会場の近くで見かけたのに、険しい顔だったから逃げた(笑)。

 岩上  だって面接、怖くなかった? 呼ばれて部屋に入ったら編集さんがずらっと…。

 ミッチェル  そう? みなさん優しかったし、何とかなると思ってた。僕は最終審査のステージのほうが緊張しました。お客さんがたくさん入っていて。

01_3146_

 髙見  でもミッチェルはステージでも笑ってたね。度胸あるなぁ。

 ミッチェル  実は足が震えてました!

 岩上  ステージで淡々としていて司会者にも突っ込まれていた井上くん、グランプリ受賞者として今年の応募者にアドバイスはある?

 井上  いや、僕もすごく緊張してましたよ! ファイナリストに残れたこと自体が、奇跡だと思っていたし。アドバイスは…“気持ち”があるかどうか、かな。強い気持ちがあればスタッフさんに「一緒に仕事をしてみたい」と感じてもらえると思う。

SPECIAL