私の夏対策 | 洋平’sノンノ | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

洋平’sノンノ

2018年 9月号

私の夏対策

 暑い日が続きますね。

 夏は一番好きな季節でもありますが、気をつけないと夏バテになったり、熱中症になったりと危険もはらんでいます。炎天下、野外フェスで死ぬほど歌い生き延びてきた私から対策小咄を少々。

 
「OS-1」

 夏でもスーツでライヴをやって汗だくになる私ですので、おそらく人よりは暑さには強いと思います。それでも過酷であります。そんな私がオススメするドリンクがOS-1。何を隠そう、私のステージドリンクはこれです。これをこまめに飲んでおくと、少なくとも脱水症状とは無縁。

 以前沖縄ツアーでベースの磯部が脱水症状になりましたが、あれから彼はOS-1を飲んでおり、それ以来脱水症状を起こしていません。びっくりするほど秀逸なドリンクで、効果テキメンです。

 ただ、味は爽やかではないので慣れるまで少々時間がかかります。ややしょっぱい。ステージからペットボトルを客席に向かって放り投げることがあるのですが、もしあなたがたまたま飲んでしまい「うっ、しょっぱい!」と思っても、それはOS-1の味なわけであって、私の味ではないのであしからず。

 
「メンズ日傘」

 暑いと「外に出るのも億劫だなぁ」と思いがちですが。なぜか私は外に出ちゃいます。好きな旅行先はハワイだし、野外フェスの出演が多い。意思とは関係なく、そんな星のもとに生まれたのかもしれません。だからかもしれませんが私は色黒です。子どもの頃から。遺伝もあるかもですが。肌の吸収力が高いのでしょうね、日焼けしても皮がむけません。便利ですが、人がペリペリ皮を剥がしてるのを見るとちょっとうらやましい。なのでやはり色白な肌にちょっと憧れる。

「色黒なほうが健康的でいいじゃん」という意見もわかりますが、夏季は尋常じゃないぐらいの黒さになる。そして衣装でスーツを着ることが多く、色黒+スーツだとどうしてもうさんくさい雰囲気が漂います。ワイルドな髪型ならまだしも、マッシュで、さらにギターを抱えるともはや方向性が謎になります。このギャル男は何をしたいのだ? と。日焼け止めも面倒くさい。つけても汗をかけばすぐ取れるし、目に入ったら死ぬほど痛いし。持ち歩いていても、汗の上からはつけられないし。

 だから個人的に推すのが日傘です。しかしメンズで日傘はさすがにまだ時代が追いついていませんね。さすがに人の目が気になるはず。もっと日傘が流行ればいいのになーと思います。外出時にパッと持っていくだけで済むから楽だし。というわけでメンズノンノ編集部に、メンズ日傘の大特集を組んでもらうよう頼んでみますね。

 
オマケ「冷やし中華」

 好きです。夏は問答無用に食べたくなります。ただ、別に心の底からうまいと思っているわけではないです。もしそうなら冬でも食べるはずだけどそう思わない。なんとなく夏だし…という感覚です。だから季節のおかげなんでしょうね。雰囲気で食べたくなっているんでしょうね。「雰囲気イケメン」的な料理だと思います。

 ところが私はきゅうりが苦手なので、注文時に「きゅうり抜きで」とひと言添えます。でもきゅうりがのっていない冷やし中華は華やかさに欠けます。ひと言で言うと「ダサい」見た目になります。トマト(赤)、ハム(ピンク)、卵(黄)とくればそこに緑か青があったほうがバランスがいいのですが、(心苦しくはあるけど)抜いてもらいます。

 こうなると「雰囲気イケメン」でもなくなって、「ただの不細工」になります。つまり別に食べる必要がなくなってくるんですよね。だから夏は「不細工な冷やし中華」を仕方なく食べています。

  • TOPへ戻る

SPECIAL