「移動」の楽しみ方 | 洋平’sノンノ | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

洋平’sノンノ

2017年 4月号

「移動」の楽しみ方

 こんにちは。お元気でしょうか。私は元気です。去年の秋からスタートしたツアーも残すところわずか。幕張ファイナルに向けてアクセル踏みっぱなしの日々でございます。気分はプライマル・スクリーム。最高の2日間にしますのでお楽しみに。

 さて、春。晴れて卒業して社会人になる皆さんおめでとうございます。正真正銘、大人の仲間入りですね(それでもまだメンズノンノはみんなの味方です)。といっても最初の数か月は研修期間だったりする場合が多い。私はサラリーマン時代、入社して最初の2か月間は新人研修で大阪に行きましたね。そのときはもうひたすら上司についてお客さんとこに挨拶回り。実務らしいことはほとんどしませんでした。なので「俺、社会人になったなー」という実感はもう少し後かもしれませんね。

「俺、社会人になったなー」という実感は様々でしょう。定番なのは初めて名刺交換をしたとき、電話を受けたときなどが挙げられます。個人的に一番「俺、社会人になったなー」と実感した瞬間は出張したとき、スーツ姿で移動したときでした。それまで旅行や帰省するときにしか使ったことがなかった新幹線や飛行機に初めて仕事で乗ったとき、パリッとした気持ちになりました。同じくスーツ姿の他のサラリーマンと同じように席に座る。ムダにパソコンを開いて仕事を(してるふりを)してね。

 こんな俺でも社会人としてフィットできているんだなと、しみじみ窓の外を眺めながら想いにふけったものです。と、同時に味わったことのない責任感ものしかかってきます。もう社名を背負った一社員なんだなと。上がるも下がるも完全に自分次第。学生気分を捨てざるを得ないです。移動中も誰に見られてるかわかりませんからね。携帯ゲームばかりしているとお客さんや会社の上司に見られていた、とかありますからお気をつけて。

 移動手段で一番好きなのは新幹線。理由は特にないのですが、問答無用にワクワクします。夏休みに大阪の祖父母の家に行くときのことも思い出してノスタルジックな思いに浸れるしね。遠く離れた土地もこうやってひと筋の線でつながってるんだなと日本にいる安心感も味わえる。味わうといえば新幹線の醍醐味は駅弁だと思っています。東京、品川を出発してしばらくすると新横浜。そこから段々と窓からの眺めがひらけてくる。頃合いを見つけ弁当のフタを開ける。いい眺めと少し冷えているけど味が染み渡った駅弁。この組み合わせが最高なのだ。自分の好みの駅弁を選んでください。そして各駅に到着する際の音楽も好きである。

 あとは飛行機。これぞ大人の移動。ラグジュアリーな空間。新人のうちはそこまで乗らせてもらえないかもしれませんが、乗れたときはここぞとばかりに楽しみましょう。少し緊張感のある移動手段だから勇ましい気持ちになる。といっても国内線だとすぐに到着してしまいます。実は高所恐怖症なので私は機内ではほぼ寝ます。ホットアイマスクとぬれマスクをつけて顔を完全に隠して座っているのでおそらくCAさんはギョッとしているでしょう。注目したいのが各席に置いてある航空会社独自発行の冊子。これを読むのが結構好きである。世界中の観光スポットの紹介やコラム、食べ物の紹介。これが月ペースで更新され、毎回かなり読み応えのある内容となり我々を楽しませてくれます。冒頭に航空会社の社長の挨拶が載っているのだが、一流企業の社長の言葉というのは非常に勉強になるのでぜひ読んでみたらいいと思う。

 社会人になったら大変なことばかり。息つく暇もないぐらい目まぐるしい毎日が待っていると思いますが、その中でささやかな楽しみを探して自分らしいトッピングをまぶしてみたらいかがでしょうか。健闘を祈ります。

  • TOPへ戻る

SPECIAL