流行のベルト垂らしは、何センチくらい垂らすのが正解? | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

流行のベルト垂らしは、何センチくらい垂らすのが正解?

トレンドの“垂らしベルト”は、あえて長いベルトを巻いて余らせ、ぐるりと巻き込んでパンツのフロントに垂らすテクニックだ。

  • ベルト(サイ)¥16,000/マスターピースショールーム ポロシャツ(アンデルセン-アンデルセン)¥32,000/メイデン・カンパニー パンツ(ユナイタス)¥28,000/スタディ ショールーム

  • ベルト(サイ)¥16,000/マスターピースショールーム ポロシャツ(アンデルセン-アンデルセン)¥32,000/メイデン・カンパニー パンツ(ユナイタス)¥28,000/スタディ ショールーム

スタイリスト小松嘉章さんによると「あまり長すぎてもだらしない印象になってしまうので、トップスの裾から10〜15cmほど見せるのがおすすめです。ナイロンやポリエステルのテープベルトではなく、レザーベルトだと今年らしい鮮度アップを狙えます」。

ちなみに、こちらも今っぽいトップスをパンツインする着こなしでは、その上品さとちぐはぐにならないようベルトは垂らさないことを推奨する。

  • ベルト(メゾンボワネ)¥13,000/エディフィス 渋谷 シャツ¥22,000・Tシャツ¥7,500/ヤエカ パンツ¥23,000/A.P.C.

  • ベルト¥19,000/A.P.C.

よりおしゃれに見せるには、程良いインパクトのあるコンチョベルトや太めの茶色いベルトを選んで、コーディネートのポイントとなるようにしてみよう。

 
※価格は全て税別です。
Photos:Teppei Hoshida Stylist:Yoshiaki Komatsu So Matsukawa[TRON]

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL