「僕はイケている、と過信しなければ上に行けない」成田 凌インタビュー | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

「僕はイケている、と過信しなければ上に行けない」成田 凌インタビュー

18interview-narita-1

俳優としても活躍する“メンズノンノモデル”たちの本音に迫る、メンズノンノ2月号企画「それぞれのミライ」。誌面には未掲載の成田 凌のスペシャルインタビューをウェブ限定公開!

 

 
──幼少期の成田 凌は?

 兄貴の後ろにくっついて遊んでいる子供でした。学校ではレクリエーションの時間に友達とコントをやったり、文化祭でステージに上がったり、今と同じでおもしろいことや楽しいことをするのが大好きでしたね。将来のことは何も考えていなくて、高校を卒業後の進路は仲のいい友人が美容師の学校に行くと聞いて「じゃあ俺も行こうかな」みたいな感じでした。

──自分の性格をどう思っている?

 面倒くさがり。頑固、わがまま。この間も兄から「お前は昔から本当に頑固だった」と言われて。この仕事を始めるときも、かなり反対されても気にしませんでした。ただ、面倒くさがりな性格はどうにかしたいと思っていますね。家の電気が止まったりとか、生活に支障があるので(笑)。すぐ支払いを忘れてしまうから引き落としにすればいいんですけれど、僕からしたらその手続きがもう面倒。興味がないことにエネルギーを使うのが難しいんですよ。興味のないものに徹底的に興味がないから、例えば、撮影現場のお弁当も食べたくない。食に興味がないのではなくて逆にすごく興味があるから、出来合いのもので済ませたくない。なので最近は自炊するようになりました。せっかくの食事は食べたいものを好きなように食べたい。ところが、面倒くさがりだから作るのはよくても片付けができないっていう(笑)。

──メンズノンノモデルに応募した動機は。

 専門学校生のときに、アルバイトをしていた洋服屋で今のマネージャーに声を掛けられました。話を聞くうち、人前に出る仕事もアリだなと思うようになって。それから東京コレクションのショー会場で、並んでいる僕らを尻目に有名人が「どうぞどうぞ」と優先的に案内されている様子を目撃した瞬間に「よし、自分も同じ土俵に立とう」と決めましたね。そのためには何がいいかと考えたら、“メンズノンノモデル”だと思ったんですよ。肩書きに箔が付く、というか世間的にまず注目されてから所属事務所を探せば、選択肢も多くなりそうだなと。そんな計画を現マネージャーにも相談したら「うちではない他の事務所に入ったとしても凌をずっと応援する」と言ってくれて。こんなに熱意を持ってくれる人はいないと思い、メンズノンノに合格した後にお世話になることにしました。

──俳優という仕事の醍醐味は?

 正直、まだよくわかりません。やっぱりお芝居は難しいんですよ。正解がないので、台詞の言い方にもいろいろなパターンを準備して現場に臨むんですけれど、それが合っているのかどうかわからない。監督からOKが出ても、もっといい演技があったかもしれないと思ってしまう。難しいぶん、やり甲斐はあります。すごくフィットしている、と感じる瞬間があるんですよ。撮影現場にどんどんグルーヴが生まれて役者同士、アドリブにも余裕で対応できる“無双”状態のようになることが。あの何とも言えない喜びはもっと味わいたいなと思います。

──印象に残っている出演作は?

 いろいろありますけれど、この3月に公開される映画『ニワトリ★スター』の現場は強烈でした。井浦 新さんと共同生活を送ってから撮影に入ったので完全に“無双”状態で、ひたすらに役を生きたという感じ。経験したことがない境地に達することができた気がします。

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL