「悩みは、絶対に他人には話しません」宮沢氷魚インタビュー | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

「悩みは、絶対に他人には話しません」宮沢氷魚インタビュー

18interview-hio-1

俳優としても活躍する“メンズノンノモデル”たちの本音に迫る、メンズノンノ2月号企画「それぞれのミライ」。「初めてのドラマ出演だった『コウノドリ』を超えなければ」──宮沢氷魚の決意、後編。

 

 
──モデルになって学んだことは?

 二つあります。一つはカメラに慣れたこと。表情や姿勢ってモニターで見ると想像と全く違うので、自分がどう撮られたらどう写るのかをイメージできるようになりました。もう一つはオンとオフの切り替えですね。カメラの前に立った瞬間に気持ちを切り替えられるようになりました。ドラマの撮影でもすごく役に立っています。でも、『コウノドリ』の最初のころの現場はガチガチでした(笑)。間違えずに台詞を言うことに精一杯で、初日のことなんてほとんど何も覚えていません。しかも、いきなり志田未来さんとのシーン。子供の頃から見ていた女優さんでしたから、なおさら緊張しました。

──演技ならではの難しさは?

『コウノドリ』では3話、4話あたりになったら考える余裕が少しできて、「もっとこうしたい」という欲が出ました。出番が終わってモニターで確認したときに、イメージ通りになっていないことが悔しくて仕方ないんです。演技に対して自覚的になるほど、イメージと現実のギャップを納得できなくなってきました。まだまだです。俳優としての目標は、主演。バイプレイヤーで輝くかっこよさもよくわかっていますけれど、自分に向いているポジションを考えるためにも一度は主演を務めてみたいですね。

──やってみたい役は?

 穏やかで柔らかい感じだよね、とよく言われるので、正反対の怖い役をやってみたい。知り合いから「氷魚はたまに目が怖いというか、命がない瞬間がある」と言われたことがあって。普段がこういう感じだから、ふと出た表情が際立って見えるのかもしれません。自分の中にある何かなのだとしたら、思い切り爆発させてみたい。

──自分で思う自分の性格は?

 めちゃくちゃ負けず嫌い。表には全く出さないんですけれど本当はすごく負けず嫌いです。例えばメンズノンノモデルの誰かに大きい仕事が決まると「すごいなあ」と感心すると同時に「やばい、自分も頑張らなきゃ」と焦ります。一人でできることは限られていますし、タイミングや巡り合わせもあります。それでも「先に行かれた」と感じちゃうんですよ。

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL