「人見知りで感情表現の苦手な僕が俳優をめざすまで」清原 翔インタビュー | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

「人見知りで感情表現の苦手な僕が俳優をめざすまで」清原 翔インタビュー

18interview-kiyo-1

俳優としても活躍する“メンズノンノモデル”たちの本音に迫る、メンズノンノ2月号企画「それぞれのミライ」。「人見知りだしネガティブだし、モデルも向いていないと思っていました」──そんな清原 翔が俳優を目指すようになった理由は…。

 

 
──モデルの仕事で印象深いものは?

 初めて呼ばれたファッション撮影はパリコレにも出演しているモデルの山下翔平さんと一緒でした。「服を着て立つくらいならば、できそう」なんて考えがあったんですけれど、いざとなったら全くできませんでしたね。ボロボロ。山下さんの動きが本当にかっこよくて、モデルという仕事の難しさを思い知りました。のっけから鼻っ柱をへし折られた折られた感じ。でもそれがよかったなと今では思います。

──俳優業を意識したきっかけは?

 坂口健太郎くんや栁 俊太郎くんが俳優の仕事をしていたから、チャレンジできるんだなと感じていました。もともと憧れていたので挑戦せずに終わるのは嫌だなと思うようになって。そんなときに芸能事務所から声を掛けられ、所属することになりました。どんな俳優になりたいかは、やってみないとわからないと言っていましたね。事務所としては売り込みづらかったでしょうけれど、具体的な俳優像を本当に思い描けなかったんです。

──実際に俳優をやってみて。

 当初は演技があまり求められない仕事が多かったのが、あるドラマで台詞のある役をもらえて。ものすごく緊張しましたね。映像の撮影はスタッフの数も多くて、「こんな大勢の中でやっていけるのか…」と不安になりました。持って生まれたネガティブ思考です(笑)。手応えを感じることができたのは、「アクエリアス」のCM出演から。演技も必要なCMで自分としてはかなり大変な撮影だったので、出来上がりを見て「こんなふうになるんだ!」という喜びがありました。

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL