似合うメガネは顔の形で決まる。タイプ別のおすすめ講座 | NEWS | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

似合うメガネは顔の形で決まる。タイプ別のおすすめ講座

おしゃれ初心者にとっては服よりも難関な、小物選び。顔の印象をガラッと変えるメガネは、特に悩ましい。おしゃれに見えるためのヒントは、顔型とは対照的なものを選ぶこと!

 

丸顔には「ウェリントン」がいい!

 
kaomegane_ok1

角張ったデザインの「ウェリントン」タイプの眼鏡なら、丸顔が引き締まって見える。大人っぽく知的なムードも出せるので、きれいめなファッションのときにチャレンジしてみたい。

¥28,000/ブリンク・ベース(クレイトン フランクリン)

kaomegane_ng1

NG! 下半分に丸みのある「ボストン」は、フェイスラインの丸い印象を助長してしまう。丸顔は頬が張っている人も多いので、頬まわりに曲線より直線を配してすっきりさせよう。

 

ベース顔には「ボストン」がおすすめ

 
kaomegane_ok2

レンズの下部が丸くなっている「ボストン」タイプは、ベース顔にマッチする。メガネをかけることによって視線が顔の上半分に集まり、アゴのがっちり感が目立たなくなる効果も。顔幅が広い人は、レンズも幅広が似合いやすい。

¥30,000/アヤメ

kaomegane_ng2

NG! ベース顔にレンズが小さめな「ラウンド」型をかけると、乗っかってる感が強め。かといって、大きいレンズのメガネでは存在感がありすぎで上級者向けになる。

 

面長な顔には「ラウンド」を選ぼう

 
kaomegane_ok3

個性派な「ラウンド」タイプのメガネは、いい意味で特徴が薄い面長にしっくり。ちょっと難しいと感じたら、フレームが細めのものをチョイスすれば主張せず、すんなり馴染むはず。

¥28,000/ハウス/バディオプティカル(バディオプティカル)

kaomegane_ng3

NG! 整った印象の面長に知的で大人っぽい「ウェリントン」を合わせると、ビジネスっぽすぎるかも。似合わないわけではないが、おしゃれをめざしたいなら「ラウンド」がベターだ。

Photos:Yuhki Yamamoto Stylist:Takanori Akiyama Hair&Make-up:Chika Kimura[tsuji management]

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL