メンズノンノモデルどうよ? 新人トリオのぶっちゃけ対談(後編) | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

メンズノンノモデルどうよ? 新人トリオのぶっちゃけ対談(後編)

好評を博している前編に続き、「メンズノンノモデルのぶっちゃけトーク」です。

後編は「メンズノンノモデルになってから」の話題を中心に、山本直人中田圭祐山本涼介の新人3人へ質問をぶつけていきましょう。

一年未満の体験談でも、専属モデル募集へ応募を考えている人には、必ず参考になるはず。

 

1_a_640_DSC04762

Q. メンズノンノモデルに決まったときの感想は?

山本直人:「もちろん、うれしかったです。一緒に受けた友人には申し訳ない気持ちでしたけれど…」

山本涼介:「あこがれの雑誌でしたから、ワクワクが止まりませんでしたね」

中田圭祐:「僕も、うれしくてうれしくて。でも最初の撮影でいきなり失敗しちゃったんですよ。メンズノンノモデルって思った以上に大変だなと、超ヘコみました」

山本涼介:「あー、あれね(笑)」

 

その撮影とは、直人、中田、涼介が専属に決定したことを発表する「第29回 メンズノンノモデル決定!」ページのもの。

スタジオでの撮りおろしとなる、彼らのまさに初仕事でした。

 

中田:「つくづく、この世界は厳しいんだなと…」

涼介:「いやいや、単純な失敗でしょ(笑)。中田は遅刻したんですよ(笑)。あれだけの選考過程を経て選ばれて、みなさんが期待してくれている一番最初の撮影で、遅刻」

直人:「信じられない肝っ玉のヤツがいる! って逆にビビったよ。中田のそういう素なところには勝てないと思った(笑)」

中田:「もう寝坊しません! すみませんでした!」

ファッション撮影は早朝集合のケースも多く、クリエーターやスタッフの多忙なスケジュールを調整した上で行われるもの。

確かに遅刻は単純な、よくありそうな失敗ではありますが、時間にルーズではモデル業は絶対に務まりません。
 

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL