デザイナーの伊藤壮一郎氏に南貴之氏も賛同!中目黒「ソーイ トウキョウ」が「M.I.U.」に大リニューアル | NEWS | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

デザイナーの伊藤壮一郎氏に南貴之氏も賛同!中目黒「ソーイ トウキョウ」が「M.I.U.」に大リニューアル

1_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

中目黒と池尻大橋の中間地点あたりに位置する「ソーイ トウキョウ」が、「M.I.U.」(エム アイ ユー)と名前を変えて大幅リニューアル。

2_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

取扱う商品だが、既存の「ソーイ」「ソーイ シャツ」はもちろんのこと、デザイナーである伊藤壮一郎氏が互いに共感できる人を巻き込みながら流動的に店作りをし、偏愛する“ひと・もの・こと”だけを提案するという実験的なショップとなっている。

ちなみに、ショップ名の「M.I.U.」は、オフィシャルには“Man(人)・Identity(個性)・Utility(役に立つコト)”の略だとか。

だが、それに囚われ過ぎず、ダブルミーニングやトリプルミーニングとして、IとUには“Interest”や“Useful”の意味合いも含むらしく、MもMan以外にいろいろあったりするのだろう。

3_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

なお、「ソーイ トウキョウ」は「M.I.U.」のインショップ形態になった。

4_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

この新ショップ「M.I.U.」のエントランスを抜けると、まず目に飛び込むのは整然とした木製ラック。

「ソーイ シャツ」とイラストレーターのノリタケ氏による“クラブ活動”の位置付けという「ソーイ シャツ × ノリタケ」が置かれている。

「ボートクラブ」「ユニバーシティクラブ」「カレッジコンサート」の3つのクラブ活動をモチーフにしたTシャツは、どこかひょうきんで程よいユルさが愛らしい。

「M.I.U.」と「soe KYOTO」のみの限定商品とのこと。

5_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

その隣には、デザイナーの伊藤氏と「ファセッタズム」デザイナーの落合宏理氏の友人関係から実現したというエクスクルーシブなプロジェクト「Hiromichi Ochiai」のラックがある。

既存の「ファセッタズム」よりも、落合氏個人にフォーカスしたクリエイションとなっており、同ブランドのアイコン的な商品の復刻も含まれるとのこと。

例を挙げると、今や落合氏の代名詞ともいえるカバーオールに着想したレザーベスト、「M.I.U.」限定別注となる米国旗柄ブランケットの復刻版、風合いや位置などプリントの表情がランダムで他にない“F”チケット(タグ)が付くスーベニア(お土産)ラインの手刷りTシャツなどなど。

6_640_M.I.U.

さらに、落合氏の蔵書をプレゼンテーションするコーナーと一緒に、アメリカの日常着として有名な「ベルバシーン」のポケットTシャツ2枚入りパックが無造作に置かれているのだ。

7_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

そのほか、「ステューシーリビン ジェネラルストア」(STUSSY Livin’ GENERAL STORE)や洋書、プロペラ飛行機や変装道具、ランドリーボックスなど、伊藤氏の感性がそこかしこに見て取れるだろう。

8_640_M.I.U.

これら伊藤氏のコンセプトに、彼の旧友でもあるディレクターの南貴之氏が共感。

9_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

2人がそのときに欲しいものだけを制作するという個人レーベル「ハローズ エクストラファイン」(Hellos Extrafine)も同時にデビューした。

このブランドは、伊藤氏と南氏の2人がそのときに欲しいもののみに専心。彼ら自身が主宰するブランドの方向性とはまったく違うベクトルで共同制作し、「M.I.U.」限定で不定期にリリースされるとのこと。

ファーストコレクションは、ジャケット、スラックス、トランクジャケット(ジップアップブルゾン)、キャップの4型。

大小7つのポケットとコードループ、ペン差しなどを搭載したバッグ要らずのユーティリティトラベルジャケットと、セットアップで使える同素材のテーパードスラックス。

PASSPORT、BORDINGPASS、PHONE、NOTE、PEN、MONEYなど、内側に搭載された大小の指定ポケットに身の回りの小物を全て収納できるトランクジャケット(ジップアップブルゾン)。

米国製リップストップ生地を採用したメイドインU.S.Aのジェットキャップには、ブラックボディのフロントにブラックで、この個人レーベル“Hellos Extrafine”の刺しゅうが施されている。

4型すべて、カラーはブラックのみで、キャップ以外は汗や熱を放散するクールマックスを素材として採用している。

この、伊藤氏と南氏の個人レーベル「ハローズ エクストラファイン」は、10月10日発売の本誌11月号で紹介するので楽しみに待とう。

10_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

「ソーイ」「ソーイ シャツ」デザイナーの伊藤壮一郎氏が偏愛する“ひと・もの・こと”。

ついつい立ち寄りたくなるような「M.I.U.」、そして、「M.I.U.」のインショップとなりさらに拡大した「soe TOKYO」。

11_640_M.I.U.

Photo:Akira Onda

中目黒・池尻大橋エリアの新たな発信拠点に注目だ。

M.I.U.(エム アイ ユー)
住所:東京都目黒区青葉台3-18-10/TEL:03-5457-2166/営業時間:12:00~20:00
http://minamialpha.blogspot.jp/

Text by Takafumi Hojoh

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL