カメラ・オブスキュラに会いに行く。 | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
Y崎主任

編集部

カメラ・オブスキュラに会いに行く。

こんばんは。
Y崎です。

もう2010年も12分の1が過ぎてしまった。
今日は2月3日。
あちこちで「恵方巻きフェア」が行われてるんだろうか。
太巻きをまるかじりするらしい、ことしか知らない。
なんで、太巻きなの?
なんで、まるかじりなの?
しかも、何だよ。
目を閉じて願い事を思い浮かべながら、まるかじりするの?
そして、恵方はどっちなの?
ロマンチックじゃない。

それはともかく、寿司食ったくらいで願い事を叶えてくれるというなら、
(あまりに、あんまりな願い事するのも、ちょっとあつかましい感じするし)
ささやかな願い事として、「カメラ・オブスキュラ」のライヴが見たかった。
(行く予定だったんだけど、28日撮影がおして行けなくなってしまった)

カメラ・オブスキュラ。
僕の好きなティーンエイジ・ファンクラブや、パステルズ、
ベルセバと同じく、グラスゴー出身の5人組。

“音楽都市”と称されるグラスゴーは、
地元のミュージシャンどうしの結びつき、連帯感が強くって、
アコースティックで牧歌的で、温かいコミュニティ。
学生時代に、ロンドンから首都のエジンバラまでしか
行ったことないけど、すごく素朴で優しい都市だった。
その土地や気候が育んできた気風が、音楽にもあらわれてる。
音楽性は違うけど、あのフランツ・フェルディナンドもグラスゴー出身。
いいよなあ、グラスゴー。行ってみたいなあ。

さて、そんなカメラ・オブスキュラですが、
今回、新譜のリリースがあるわけでもなく、
特に取材稼動の予定もなかったようなんだけど、
このバンドの魅力、ぜひ伝えねばならんと思って、ダメもとでオファー

・・・してみたところ、奇跡的にオッケーだった!
いやあ、頼んでみるもんだ!

camera1
場所は、新代田「FEVER」。
28日・29日の2DAYS公演で、
この日は二日目。
(くどいけど、見たかった・・・。)

camera2

メンバーです。ライヴ後の休憩時間に
割って入らせてもらったにも関わらず、
メンバーみんなすごくいい感じだった。
ほとんど顔が隠れてる男の人は、サポートメンバー。

camera3

こちらは、よく音楽ページで
アーティストのポートレートを撮っていただいている
フォトグラファーの三島さん(無許可掲載)。
でも多分、笑って許してくれる、はず。

今回の取材にあたって、Y崎の無理を聞いていただいた、
オフィス・グラスゴー安永さん、
ホステス飯沢さん、太田さん、
それから、三島さん、ライター麦倉さん、通訳の伴野さん、
本当に、ありがとうございました。

BLOG 一覧に戻る

Y崎主任

編集部

広い肩幅、ボサボサ髪、ちょっとアレなメガネがトレードマーク、の入社7年目。編集部では主にファッションページのほか、音楽コラム担当。現在「メンズノンノRUN部」活動が大いに盛り上がりを見せるなか、ちょっと肩身の狭い文化系。甘党。

最新 BLOG

SPECIAL