童話のような音楽たち | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
Y崎主任

編集部

童話のような音楽たち

いろいろ大人の事情で、
延期していたブログの続きは、
まだも少しアップできそうになくて。

閑話休題。

折角、i-phoneも買ったことだし、
何か小ネタでもアップするか〜と思って、
一応、音楽担当だし、こないだの日曜に買ったCDの紹介を…。

一枚目のユニコーンと妖精が描かれたアルバムは、
コリーンで「the golden morning breakes」。

完全にジャケ買い(笑)。

ほとんど情報がなくて、
フランス人ということしかわからん。

音楽はすごく詩的で繊細。
チェロやアコースティックギター、
19世紀のグラスハーモニコンや
オルゴールを使ったミニマルなインスト。

静かで美しい。
スタイリングのイメージでいうと、
某氏しか思い浮かばない(笑)。

二枚目の鹿と鳥が抱き合ったようなジャケは、
ローラ・ギブソンで「Beasts of Seasons」。

これは、視聴して気にいったので…
今回の三枚のなかでは一番オーソドックスな感じ。

アコースティックで、田園のそばを
ゆるやかにながれてく小川のような、そんなかんじ。
素朴であたたかい。

なんか聞き覚えのあるシンガーソングライター
と思ってたら、カメラの田邊剛くんが、前に、
「この人、イイっすよ」ってすすめてくれた人かも!

プロフィール見たら、オレゴン州ポートランド在住、って書いてあるし。
多分、そーだ。(田邊氏は、ポートランド大好きなんです)

三枚目は、グレゴリー・アンド・ザ・ホークで「mornie and kitchi」。

これも曲調は、ローラ・ギブソンと似たような感じ。

Y崎の好きなシガー・ロスやムーム
(あっ、ちょうど次の1月号でインタビューしてます〜)を
輩出した、ご存知、ファットキャット・レーベルからの新人、
ということで、これは買っておかないと…と思い。

ニューヨーク出身のシンガーソングライターだそーです。

こちらは、同じくフォーキーで、
ノスタルジックなアコースティックサウンドなんだけど、
もっとチャーミング。ちょっとファンタジー入ってる。
あ、これもスタイリングのイメージが重なるスタイリストさんが、
約一名(笑)。

かわいすぎか?
いや、嫌いじゃないはずだ。

ということで、
今回買った三枚、どれもジャケの雰囲気が似てるのと、
童話っぽいイメージがあったので、まとめて紹介してみました。

や〜、イイ買い物した。
音楽は、思わぬ出会いがあるから、
お店で買うのが、やっぱり好きです。
ジャケ買いを推進いたします。

写真は、撮ったphotoをポラっぽく変えてくれる
アプリを使ってみました。

BLOG 一覧に戻る

Y崎主任

編集部

広い肩幅、ボサボサ髪、ちょっとアレなメガネがトレードマーク、の入社7年目。編集部では主にファッションページのほか、音楽コラム担当。現在「メンズノンノRUN部」活動が大いに盛り上がりを見せるなか、ちょっと肩身の狭い文化系。甘党。

最新 BLOG

SPECIAL